Anonim

日本からは、太陽電池を必要とせずに太陽光を使って充電できる特別な透明バッテリーが付属しています。 最初の実用プロトタイプは、工学院大学の応用物理学科の教授である佐藤光信氏が率いる科学者チームによって、東京で開催されたイノベーションジャパン2015フェアで発表されました。

参照:アルミニウムイオン電池

この種のデバイスの研究は2013年に始まりました。この研究は、太陽光からのエネルギーを蓄えることができる一種の「インテリジェントウィンドウ」(太陽電池のような)の作成に向けられたと同時に、時間、通常のバッテリーのようなエネルギーを供給します。

透明、またはほとんど。 システムの内部構造は、他のリチウムイオン電池の内部構造と同じです。正極の電解質は鉄とリン酸リチウムで、負極の電解質はチタン酸リチウムと六フッ化リン酸リチウムです。 特徴は、電極が非常に薄く、厚さが80から90ナノメートルで、バッテリーが実際に透明になることです。

参照:ナノテクノロジー、物事の尺度

光をキャプチャします。 日本チームによって提示されたプロトタイプは3.6ボルトの電力を持ち、20回の完全な再充電サイクルを保証します。 詳細はまだ公開されていませんが、本質的に、バッテリーが光に当たると、透明度を下げて太陽エネルギーを「閉じ込める」ためにわずかに回転します。

このアイデアは、特にバッテリー寿命がスマートフォンの成功の重要なトピックの1つであるモバイルデバイスの世界で興味深いシナリオを開きます。 実際に考えられる用途は、ケーブルやコンセントを乱すことなく電源としても機能するディスプレイを設計する可能性です。