Anonim

数量の測定単位は国際システム(SI)によって調整されており、イタリアの法律でも採用されています。 4年ごとに重量と測定の総大会がパリで開催され、1991年10月のセッションでは、4つの新しいプレフィックスが採用され、非常に小さいものと非常に大きいものをより正確に表しました。 最初のケースではZetto(10 -21 )とYotto(10-24)が導入され、2番目のケースではZetta(10 +21 )とYotta(10 +24)が追加されました
これらの新しい倍数を採用することにより、(原子物理学のように)無限に小さいもの(天文学のように)無限に大きいものを扱う研究者のニーズが考慮されました。