Anonim

「立方体」ピラミッド:メキシコのユカタン半島にあるチチェンイツァの有名な考古学複合施設にあるククルカンのマヤ寺院の新しい地図は、今まで不明のままだった3番目の「内層」を明らかにしています。

高さ10メートルの新しいピラミッドは、高さ30メートルの外側のピラミッドに囲まれた高さ20メートルの2番目の古代ピラミッド内で、メキシコ国立自治大学の考古学者によって特定されました。

あなたが(おそらく)Mayaについて知らない15のこと

Mastrioska。 ククルカンを称える寺院は、 羽をつけられた蛇の神であり 、ロシアの人形のシステムとして、おそらく3つの段階で建てられました。 中間のもの、800と1000の間; 1050年から1300年までの外部の建物。その形状と支配的な位置から、複雑な建物はエルカスティージョ (城)と呼ばれていました。

Image 異なる内層を持つエルカスティージョのピラミッドの新しいトモグラフィー。 | ウナム大学

次々。 2番目のピラミッドは1931年以降に特定されていましたが、3番目のピラミッドは、構造の非侵襲的スキャン技術のおかげで、他のものに比べて小さく、完全に中央に配置されていません。 古い建物の上および周囲の建物の蓄積は、以前の建物の劣化や政治的リーダーシップの変化など、さまざまな理由に依存する可能性があります。

もう一つの驚き。 さらに、昨年、ククルカンの寺院が淡水で満たされた自然の深by(陥没穴)であるセノーテの上に建てられていることが発見されました。 新しく発見された構造は、盆地の方向にまっすぐ立っています。

マヤ人が井戸の存在を知っているかどうかは明らかではありませんが、ピラミッドがその真上に建設され、ククルカンもコロンブス以前の神話で水に関連付けられていたという事実は、場所が意図的に選択された可能性があることを示唆しています。 さまざまな層別化の研究は、時間の経過とともに和解がどのように発展したかの手がかりを提供します。