Anonim

あなたはトイレットペーパーなしでしますか? あなたが生態学者(または信じられないほどのゾッゾーニ)を強化していない限り、答えはノーです。 しかし、柔らかく、柔らかく、耐性のあるロールは、常に存在するとは限りません。

砂から転がるまで。 トイレ(平らな岩に作られた穴)を使用した後、新石器時代の男は最も近い川で洗われました。 しかし、考古学者は、彼が冬の寒さの中で何をしたかを言っていません。 おそらく、葉、小枝、鋭い石ではありません。

エジプト人は、香油に浸した砂で自分自身を掃除したように見えますが、 アラブ人インド人は左手を使いました(今日でも、アラブ人に触れたり、彼に左手で不純なものを与えるのはin辱です)。 古代の人々が彼らのニーズに使用したレセプタクルについては比較的多く知られていますが、後でどのように掃除されたかについてはほとんど知られていません。

東洋の開拓者は再び開拓者でした。「そこ」をきれいにするために使われた紙の最初の出現は、 中国の朱元章の14世紀にさかのぼります。 しかし、残念ながら、西洋人でさえ葉、衣類、羊毛のボール、新聞を捨てて「背中」をより穏やかに扱うようになるまでに半世紀を要しました。

断片と「意味のない」紙。 ガラテオ(1558)で、モンシニョールデラカサは、すべての汚れの例として、「アギアメントの破片」、トイレにぶら下がっている布を取り上げています。 そして、すでに2世紀前に、修道院では、彼らは自分たちをきれいにするために古いローブから作られた断片を使用していました。

「衛生用途の紙」のうち、18世紀になってようやく語り始めたのは:黙でした。それは「意味のない」製品でしたが、「二重使用のファン」のハンドルにはトイレットペーパーが隠されていました。 新聞も18世紀から到着しました。新聞の誕生に伴い、「報道機関」にも(また)この機能がありました。 そして数十年前まで。

世界で最も奇妙なお風呂:トイレットペーパーを使用しようとしているときでも見ることができる2つのフォトギャラリー(1つと2つ)

天才かキャラタンか? Bum Fodder:トイレットペーパーの魅力的な歴史では、Richard Smythが、トイレットペーパーの発明者はNew Yorker Joseph C. Gayettyだと述べています。 名誉あるScientific American誌は「壮大で比類のない発見」という観点からそれについて語っていましたが、医療界は起業家の考えを軽daと充足で見ていましたが、 Gayettyによれば、親密なクリーニングに一般的に使用される新聞のインクによって引き起こされるhisの出現を避けるため、薬用紙(これがマークである)を主張して以来、いんちきです。

現実には、中傷者は完全に間違っていたわけではありません。hemoは根絶されませんでしたが、薬用紙は消費者の間で大成功を収め、より繊細に自分をきれいにできる可能性を高く評価しました。 したがって、Gayettyの論文は、米国のドラッグストアの最初の棚に定着しました。

また読む:体に行かずにどれくらいできるか?

縞模様。 それは、その発明者の名前が現れた長方形の小片のパケットで販売されていました。今日の。

Image 左側には、ジョセフ・C・ゲイエティが発明した西洋式トイレットペーパーの最初の標本があります。 ロールの前に、紙は長方形のストリップのパッケージで販売されていました。 |

信じられないほど:破片なし! そこから大量生産までのステップは短いものでした。Gayettyのカードは非常に成功したため、他の企業が模造品を作り始めました。 もちろん、今日の快適な2つ、3つ、4つのベールからはほど遠いものでした。ただ、Northern Tissueのスローガンが「破片なし」と宣言したと考えてください(そして1930年です!)。

スコットペーパーカンパニーのおかげで、1879年にロールが登場しました。 2層の紙-トイレでゆるめやすい-は、代わりに1942年に登場しました。

控えめな贅沢。 ヨーロッパ、特にイタリアでは、トイレットペーパーは20世紀後半まで贅沢品と見なされていました。 1901年、フランスの議定書の役人であるパリのロシアの主権者の訪問のために、彼はゲストを大いに尊重すると信じ、彼らのために用意された浴室のために準備されたロシアの紋章で準備された特別なトイレットペーパーを持っていたと言われています。 幸いなことに、彼の上司はそれに気づき、最後の瞬間に失言を避けました。
どれくらい消費しますか? 2005年のWorldwatch Instituteの調査によると、一人一人が平均3.8キロのトイレットペーパーを消費し、北米では1人あたり23キロのピークがありました。
それなしでやろうか? いつかそれなしでやれるとは言い難いですが、トレンドに逆らう国があります。 たとえば、1980年、トト社はウォシュレットを発売しました。ウォシュレットは2009年に日本人の72%がすでに使用しています。
一方、問題を回避するためのヒントを次に示します。
環境の友人は、必要な時に自分自身を見ます
インタラクティブな些細な駅