Anonim

エジプトとドイツの考古学者のグループが、カイロ郊外の泥だらけの水から、3000年前にエジプトを治めていたファラオであるラムセス2世を代表する巨大な像、巨像の残骸を回収しました )。 今日、像はようやく回収され、博物館エリアに運ばれました。

この像は3月9日にアル・マタリヤのエリアの考古学的発掘の近くの穴で発見されました。古代にはこのエリアはヘリオポリスの都市でした。ローマ支配の時代に放棄され、何世紀にもわたって略奪されましたまた、カイロの中世の建物を構築する。

彫像が発見された発掘は、2012年にライプツィヒ大学のディートリッヒ・ラウエ教授が指揮するドイツの考古学者のチームによって開始されました。 3月13日、アルアナニとエジプトのドイツ大使ジュリアスゲオルグルイの前で像の胴体が回収されました。

検索は、最近発生した最も重要なものの1つと見なされます。

(彼の王国の名前のギリシャ語訳から)オジーマンディアスとしても知られるラムセス2世は、第19王朝の3番目のファラオであり、紀元前1279年から1213年までの66年間にわたって統治しました。 王国の境界は東の現在のシリア、そして南のヌビア(現在のスーダン)まで拡大し、エリオポリにはカルナックのルクソールよりも大きく建てられた太陽の神殿があり、後に破壊されました。グレコローマン時代に。

属性が確認された場合、ファラオの石の巨像の破片-バスト、顔の一部、冠-は、2018年にギザにオープンするグランドエジプト博物館の入り口に表示されます。

顔と耳の一部がある、彫像の別の巨大な断片。

ラウエによると、彫像の頭と胴体が見つかったピットの底には、足と体の残りの部分もありますが、周囲の建物の基礎に近すぎるため、それらを回復することはおそらく不可能です。

像の回復を見るために集まった小さな群衆。

また好むかもしれません:古代エジプト人は何語を話しましたか。 クレオパトラツタンカーメンとネフェルティティの(誤った)謎についてあなたが(おそらく)知らない10の事柄からの古代エジプト、3000年前にエジプトで君臨したファラオであるラムセス2世を代表する巨像( ここで説明しました )。 今日、像はようやく回収され、博物館エリアに運ばれました。