Anonim

アンコナの船の宝物は待つことができます。 1915年に496人の乗客と1トンの金(価値:2, 200万から4, 800万ユーロ)を運んでいる間にドイツの潜水艦によって沈められた汽船は、ティレニア海の深海に長い間残るでしょう。

[Vito Tartamella、2010年2月4日]

2007年に、米国の企業であるオデッセイマリンエクスプロレーションは、深さ471メートルの国際海域にある難破船の所有権をタンパ(アメリカ)裁判所に申請しました。

イタリア政府との3年間の法的紛争の後、1月6日に米国裁判所は事件を凍結しました:残骸の所有権については決定しませんでしたが、オデッセイは、回復を試みたい場合は当局に通知する必要があると判断しました少なくとも45日前にイタリア人。 しかし、仮説は遠い。オデッセイは「すぐにそうなるとは思わない」と白黒で書かれている順番で。 したがって、ケースは無期限に閉じられたままになります。

法的戦い
多くの意味で説明できないひねり:2007年、オデッセイは水中ロボットの1つである「Zeus」を使用して、難破船から回収した「Steam Navigation Company Italia」(アンコナの会社)と呼ばれるカップをタンパの裁判所に預けました。 。 そして彼は投資家に(オデッセイがナスダックに上場している)2, 000万から6000万ドルの間の可能な収入を発表していました:船がイタリアに属していると考えられていたとしても、オデッセイはまだ10〜25%の回収された宝の価値。
謎が厚くなる
しかし、今では、オデッセイ自体ですべてが凍結されたままです。 それは、 Focusから尋ねられたとき、アンコナの難破船への関心を再確認するが、「エチオピア航空のブラックボックスがベイルートからrecovery落したなど、他の面にコミットしている」と述べている。
それでも、飛行機のcrash落事故は昨年1月25日に発生しました。オデッセイ自身がアンコナの難破船にすぐに戻る予定はないという文の19日後です。
お問い合わせ
もちろん、この変更はなぜですか? Focusから連絡を受けた外務省(文化振興局長)は、「問題の敏感さを与えた」とコメントしないことを希望しています。
しかし、ミラノビコッカ大学の国際法の教授であるTullio Scovazziは、2009年までのアンコナ事件のコンサルタントとして、「イタリアの勝利:この条例は難破船の略奪を回避します」と明確に語っています。
だから、ケースは閉じられていますか? 「今のところ、はい」とスコヴァッツィは答えます。 「オデッセイに加えて、他の誰も難破船の所有権を主張するために現れませんでした。 私たちの意見では、難破船は誰もが戦争の墓地として手に負えないと見なされるべきです(沈没で159人が死亡、編)。 しかし、オデッセイがそれを回復するために戻ることを決定した場合、イタリアとタンパ裁判所のさらなる決定に対処する必要があり、それはケースを再開しなければなりません」。

海底戦
難破船を最初に特定したのは、1986年のコメックス社のフランス人でした。その後、2009年に公開されたフォーカス調査(201番)で明らかになったように、他の3社がアクセスしようとしました。潜水艦のバケツと爆発物を使用して、難破船まで秘密に、しかし汽船を損傷するという唯一の結果があります。
「船が宝物を運んでいることはすべて証明する必要がある」とスコヴァッツィ教授は言う。 「おそらくもっと面白いのは、船上で見つけることができるヴィンテージのオブジェクトです」。
くそー?
しかし、アンコナの金は、高価な(不器用な)回復ミッションにさまざまな企業を巻き込んだことを考えると、伝説以上のものです。 「当時の文書は、アンコンが12個の金を運んだことを証明しています」と、研究者であり難破船の専門家でもあるエンリコ・カペレッティは確認しています。 「イタリア政府がオーストリアと戦うために密かに購入した武器の量に対する米国への支払いでした。 12箱に13万3000の金の主権が積み込まれた合計額が、農務省のEttore Spiaccacci長官によって護衛されたほどです。 問題は、船の司令官であるピエトロマッサルドがアンコナのどこに隠れていたかを理解することです。

宝探し
そして、おそらくここに予期しない失速の鍵があります。 フォーカスにおいて、オデッセイはアンコナに対する法的関心が「今では保証されている」と繰り返し述べています。 「まだ進行中の調査は、アンコナ号に搭載されている荷物の詳細を把握し、サイトに戻ることにしたときの努力を導く貴重な情報を提供するのに役立ちます」と付け加えます。
しかし、イタリア政府にとって関心のないように見えるこのプロジェクトは、スコヴァッツィを次のように確認しています。「イタリアの目標は、難破船をその場所に残すことでした」。 たくさんの宝物と謎。