Anonim

ヨーロッパでもますます普及している現代的な日本料理の有名な料理は、日本原産ではありません。 魚と米を最初に関連付けたのは、実際には中国人でした。 2世紀以降、中国では魚が発酵米の層と交互に保存されたため、澱粉がその分解を防ぎました。 したがって、魚は漁獲後数ヶ月で消費され、米は排除されました。

詳細には、魚をきれいにし、塩漬けし、最後に炊いたご飯に包みました。その発酵により、酸味が増加しました。非常に腐りやすい。 それが消費されたとき、それを包んだ米を除去するのに十分であり、ゲームは行われました。

この古風なバージョンの日出ずる国への輸入

専門は仏教の僧ksによる8世紀にさかのぼります。

モダンな寿司。 しかし、今日私たちが知っているように寿司を食べるには、まだ長い時間がかかりました。 17世紀に日本人は発酵を加速するために米酢を加えましたが、魚はマリネまたは調理されました。 現代の寿司が江戸(今日の東京)に登場したのは、800年代の前半だけでした。おにぎりの上にのせた生の魚は、安い食べ物として、すぐに準備でき、実用的です。 屋台の横には、手をきれいにするために白いテントが掛けられていました。常連客は、最も汚れたテント(最も頻繁に訪れるテント)のある屋台を探して、最高のテントを見つけました。