Anonim

もちろん、彼らは「サイン入り」の服装をしていませんでしたが、おそらく服の美的側面に注意を払いました。 ネアンデルタール人が貝から抽出した色素を使って自分の体をペイントしていることはすでに知っていました。

ランドリーとコンテンツ:ピアス、フック、スパイク-ボディペインティング:パレットとしてのボディ

発見
新しい研究は、ネアンデルタール人も自分自身を羽と羽で飾るのが大好きだったことを今日示しています。 これは、フマネ洞窟(ヴェローナ)で働いていたマルコパルメザーニとアントニーノタリアコッソによって調整されたフェラーラの古人類学者のチームの発見によって実証されるでしょう: それらのほとんどすべては、食物の観点からはあまり興味深いものではありませんが、長い羽のためにはるかに興味深いものです。
今年の発見は何ですか? 2011年の画像
私は美しいですか?
矢(当時は弓がわからなかった)と食べ物の使用を除外した場合、研究者にとって結論はたった一つです。羽は飾りでした。
focus.itのネアンデルタール人についてのさらなるニュースと好奇心