Anonim

神聖なシンボルまたはタンパク質皿として扱われ、簡単に入手できるゲストのギフト? マヤによって飼育された犬の運命は、いずれにせよ家畜化を伴う複線で旅しました。 この問題に対処するために、3000年前のマヤの重要な都市で発見された動物の骨の新しい化学分析があります。

食べるために非常に多くの口がかなりの量のタンパク質を必要とし、マヤ人は鹿、バク、ペッカリー(イノシシに似た哺乳類)を狩るために使用していました。 しかし、セイバルのような都市中心部を養うには、動物の家畜化を実践することも必要であり、この方向でパナマ市のスミソニアン熱帯研究所の考古学研究が行われました。

国内または野生? 科学者は、サイバル遺跡で発見された10の動物種(鹿、犬、猫、ポッサム、ペッカリー、七面鳥、バクを含む)の骨と歯を分析しました。 動物の食事は、発見で見つかった同位体の割合を変えます。窒素と炭素の同位体の量が少ないと、森林植物や草食動物が豊富な食事を示します。 同じ同位体の高レベルは、代わりにトウモロコシに基づく食事を示唆しています:したがって、人間が管理する食事。

マヤ、犬の飼いならし、食べ物、儀式、伝統 グアテマラ、セイバルのマヤ寺院。 | シャッター

タンパク質のソース。 研究により、数十頭の犬と七面鳥がジャガーと同様に人間によって飼育され、飼育されていることが明らかになりました。 チワワと同様に分析された犬は、紀元前450年から300年の間に住んでいました。マヤ文明における犬の家畜化の最も古い例です。 骨には屠殺の兆候は見られませんでしたが、異なる考古学的な場所にある同様の犬の他の遺体は、これらの動物が屠殺のために飼育されたことを示唆しているようです。

セイバルの七面鳥は、犬の発見が完全に欠如している時期に、175年から950年にかけて到着しました:仮説は、マヤ人が七面鳥を繁殖させることを学ぶ前に、犬がタンパク質の主な供給源であったという考えです以前の研究でもサポートされています。 犬の骨に虐殺の兆候が見られないこと、および犬が人間の排泄物を食べることができるという事実(そしてそれらからトウモロコシを引き出すこともできるという事実)は、他の学者のこれらの結論についていくらか懐疑を引き起こします。

宗教的なシンボル。 代わりに、他の犬はより輝かしい終わりを迎えました。 紀元前400年から300年の間に住んでいた彼らのカップルは、骨に高レベルのストロンチウム同位体を持っていました。これは、セイバルから約100km離れた火山丘からの起源を示しています。 彼らの「外来」の起源と、都市の中央広場の大きなピラミッドの近くの大規模な埋葬は、宗教的な儀式に関係する動物を示唆しています。 トウモロコシで育てられたネコでさえ、紀元前350年以前に住んでいたジャガーのように、神聖な動物として崇拝されるか、力のディスプレイとして機能する必要がありました。