Anonim

1945年8月6日に広島と8月9日に長崎を破壊した2つの原子爆弾の後、マンハッタンプロジェクトの科学者ハロルドヤコブセンは、影響を受けた場所が75年間死ぬと主張しました。 しかし、その性質は驚くべきものです。すでに次の春には、広島と長崎の両方で、爆発の震源地から約2キロ離れた場所にシュートが出現し始めました。

「1970年代の研究では、震源地から半径500メートルの範囲内で木が生き延びたと報告されました。これは、その地域では何も生き残れないと考えられていたためです。」フィレンツェ大学の植物神経生物学国際研究所の。 «振り返ってみると、これは木の一部が地球層の下に埋められているという事実、またはトランクの厚さで保護された非放射側で何かが生き残ったためであることがわかっています。 これらの標本は、植物が動物のような「単一の生物」ではないために生まれ変わりました。代わりに、植物の90%を食べさせる動物の捕食を生き抜くために「モジュール」を定義できるスキームに進化しました。 単純化すれば、それらを昆虫のコロニーと比較することができました。

ひばくじゅもく。 現在、それらの木は「原爆に見舞われた木」として正式に登録されています。それらは、生き残った木を意味するヒバクジュモクと呼ばれ、すべて特別なプラークで識別されます。 広島には、32種のうち約170種が生息しています。 爆発エリアに最も近い木はシダレヤナギの木で、ほぼ完全に破壊された後に根から生まれ変わります。 今日、ヒバク・ジュモコの種は広島の住民に共有され、破壊と生命の力を思い起こさせる象徴的な行為で、日本と世界の他の部分に植えられました。