Anonim

パリのルーヴル美術館の考古学者にとってはひどい驚きでした:1905年以来パリの博物館に保管されている天蓋の花瓶には、常に考えられていたように、ファラオラムセス2世の遺物は含まれませんが、化粧品の容器になります。

フランスの化学者の中には、ファラオの名前が際立っている象形文字で覆われた貴重な花瓶の遺跡を特定の方法で分析することでこれに気づいた人もいます。

彼らは、地下分析に使用される技術を使用して、オイルやその他の化学成分を見つけました。 驚くべきことに、科学者たちは容器の中に当時の防腐剤が通常使用していたワックス、ビチューメンまたは他の物質が残っていないことを発見しました。

芳香族樹脂と混合された動物性脂肪の痕跡が発見されたが、化粧品用製品の残骸であると思われるが、それは「不愉快な」用途を持っていた。おそらく彼らは頭を塗るために司祭によって使用された。

新しい分析によれば、花瓶とその内容は紀元前1035年に遡り、ラメセテの死はほぼ200年以上前です。 花瓶は、太陽の神、アメンラーの神殿用に作られたものであり、彼が造ったという理由だけでラメセテの名前を冠している可能性があります。 後期には、儀式用の化粧品の容器として「リサイクル」された可能性があります。 ルーヴル美術館には同様の発見が何千もあり、そのすべてが原因とされていますが、確認されているものはほとんどありません。

写真:エジプトにあるラムセス2世の像。