Anonim

石器時代の牛の頭蓋骨にあるビスケットと同じくらい大きな穴が考古学者を驚かせ、獣医の外科的実践の最初の知られている例の1つであるか、それどころか動物での実験の1つであるか疑問に思いました。

常にナイフの下に:手術の歴史

ステンシルで作られました。 発見は紀元前3000年にさかのぼり、フランスのチャンプデュランの新石器時代の場所で発見されました。頭蓋骨穿孔で得られた穴と同じ構造特性を持っています。千年前。 Scientific Reportsに掲載されている記事が示すように、使用される手法は明らかに同じです。

頭蓋骨の上部に穴を開け、骨の一部を除去するという手順は広く行われており、多くの場合、考えられることとは反対に、外傷や出血の影響を緩和し、治癒した骨が見える一部の人間の頭蓋骨は、多くの場合、生き残っていることを示しています。 しかし、これまでのところ、このような介入は動物の所見ではまだ観察されていませんでした。

Image 新石器時代の牛の頭蓋骨の3D再構成。外側(左)と内側(右)から穴が見える。 白いサイドバーの長さは10 cmです。 | フェルナンド・ラミレス・ロッツィ

頭痛なし。 パリの国立研究センターの考古学者であるフェルナンド・ラミレス・ロッツィは、別の牛との戦いによって引き起こされた穴の最初の仮説を捨てたと言います。 幅6.4 cmの穴には、骨折や欠けがなく、感染や腫瘍の兆候もありませんでした。 むしろ、掘削作業の典型的な削り取りをエッジで示しました(上の画像を参照)。

不運。 しかし、この場合、患者は生き残りませんでした:牛の頭蓋骨に骨治癒の兆候はありません。 死にかけている動物を救うために、またはすでに死んだ牛に介入を行って、まだ生きている人間を傷つけることなく動物で練習することができます。

最初の仮説はもっとありそうもないようです:結局のところ、牛はそれを食べました。 なぜ他の人を殺すために保存するのですか? 代わりに、人間の頭蓋骨を操作する前に「一般的なトライアル」の仮説が有効だった場合、おそらく動物での実験の最も古い考古学的テストになるでしょう。