Anonim

1884年のワシントン国際会議は、グリニッジの基本子午線(ゼロ)および最初のタイムゾーンとして採用し、時刻表と地理的基準を統一することを決定しました。 それ以前は、海図や軍事地図に不可欠な経度を計算するために、各国には独自の基本経線がありました。イタリアではローマの子午線(モンテマリオの展望台を通過)、フランスではパリの子午線、イギリスではグリニッジ(ロンドンの郊外には1675年以来重要な天文台があります)。

今何時? 時間に関しては、米国内でも慣習はありませんでした。各場所には、太陽の観測と現地での使用に基づいた時間がありました。 鉄道の普及により、旅行者は各駅で時計を合わせる必要がありました。 ワシントン会議は、グリニッジ子午線を初めて選択し、経度を計算するための地理的基準にもなったタイムゾーンのシステムを確立しました。