Anonim

エジプトとドイツの考古学者のグループは、カイロ郊外の泥だらけの水から、3000年前にエジプトを支配したファラオであるラムセス2世を代表する巨大な像、巨像の残骸を回収しました。

高さ8メートルの珪岩の姿の発見は、首都の東部と現代の部分にあるマタリヤの人気のある地域で行われました。 検索は、最近発生した最も重要なものの1つと見なされます。

Image 顔と耳の一部がある、彫像の別の巨大な断片。 | 新華/アイバイン/コントラスト

最大の中で。 (彼の王国の名前のギリシャ語訳から)オジーマンディアスとしても知られるラムセス2世は、第19王朝の3番目のファラオであり、紀元前1279年から1213年までの66年間にわたって統治しました。 王国の境界は東の現在のシリア、そして南のヌビア(現在のスーダン)まで拡大し、エリオポリにはカルナックのルクソールよりも大きく建てられた太陽の神殿があり、後に破壊されました。グレコローマン時代に。

忘れられていません。 イギリスのロマンチックな詩人パーシー・シェリーは、ロンドンの大英博物館で公開された主権の像に触発されたソネット・オジマンディアスで栄光と避けられない衰退を歌いました。 神殿の遺跡からそれほど遠くないこの新しい彫刻の発見は、これが再び強力なファラオの表現であることを示唆しています。 ラムセス2世のneであるセティ2世に敬意を表した2番目の80 cmの像の上部が近くで見つかりました。

属性が確認された場合、ファラオの石の巨像の破片-バスト、顔の一部、冠-は、2018年にギザにオープンするグランドエジプト博物館の入り口に表示されます。