Anonim

世界で最も有名なナポリのミステリーは、間違いなく大聖堂に保存されているアンプラであり、サンジェンナロの血が入っていると言われています。 この遺物の特徴は、年に3回、固体から物質が液体に変換されることです。これは、信者によって驚異的な現象と見なされています。

それは12月16日、5月の第1日曜日の前の土曜日(ポッツオーリからナポリへの聖人の遺体の移動の再発)と9月19日、聖人のf宴の間に起こります(ただし、ライブストリーミングでそれに従うことができます)。

それは奇跡、原因不明の現象、または化学的なトリックですか?

Natureに掲載された記事で、Luigi Garlaschelli監督のCICAP学者の中には、モリサイト(ベスビオに存在する鉱物)、食卓塩、炭酸カルシウムを使用して血の色の物質を入手したことを示した人もいます。 サン・ジェンナロの天才の起源(教会は奇跡とは呼んでいない)は、再現された物質のチキソトロピー特性、つまり動揺すると固体状態から液化する能力によるものだろう。

「しかし、サンジェンナーロの血のふるまいは予測不可能です」と、12年間儀式中にアンプルを扱ってきた修道院長のビンチェンツォデグレゴリオは説明します。 «場合によっては、金庫を出た直後、または中にさえ溶けます。 教皇ラッツィンガーの前に、私はアンプルを十分に動かしたと思いますが、血液は溶けていません。 そしてそれは教皇だった」。

また読む:サン・ジェンナーロの歴史

謎は続きます。 分光分析は、アンプル内に血液があることを示しています。 しかし、フランスの物理学者ミシェル・ミトフは、MatièreSensibleの本で、アンプルにはマッコウクジラ、マッコウクジラの頭から抽出されたワックス状脂肪、粘土溶液が含まれていると仮定しています。 操作と温度に「敏感」な材料。

Cicapは1991年に実験的にアンプルに血液ではなくチキソトロピー物質(つまり、固体から液体、またはその逆)を含むことができると実験的に示唆しましたが、遺物と忠実な人にとっては、この現象は不可解なままです。

盗難。 少し歴史的な好奇心。 遺物はナポリ大聖堂にあり、2つのアンプルが入った展示ケースで構成されています。1つは謎の物質で満たされ、もう1つはブルボンのシャルル3世がスペインに持ち込むために内容物を取り出したためです。