Anonim

ナミビアの砂漠平野には、「妖精の輪」として知られる何百もの円形の構造物があります。 それらは明白な理由もなく数年後に現れたり消えたりします。 彼らが大きければ大きいほど、彼らは時間とともに生きます。 彼らは平均して24年生きますが、いくつかは75歳に達することさえあります。植生(草や茂み)がこれらの円の円周に沿っているため、それらは特に明白です。 しかし、それらの起源は何ですか?

直径12メートルに達する可能性のある「妖精の輪」は、地元の住民から呼ばれているように、ナミビアに住んでいるヒンバ族によって神の介入に関連したものと解釈されています。

科学雑誌PLoS ONEは、神秘的なサークルも扱っています。 フロリダ州立大学の生物学者であるウォルターチンケルは、この謎に答えようとしたと説明しています。「そのような円が形成されているため、説明するのは困難です。 いくつかの仮説がありますが、絶対的な意味で説得力のあるものはありません。

しかし、今ここにあるのは、科学で発表された権威ある研究が謎を解いたように見えることです。 それらは、円の中に住んでいるシロアリの働きの結果です。 この解釈はすでに過去に提唱されていましたが、網羅的であると見なされる十分な証拠はありませんでした。 これは検証すべき仮説です。

シマウマの群れが円のフィールドを走ります。

シロアリは、円が形成され始めるときに土壌中の唯一の動物です。 研究者たちはそれらに焦点を当てることで、草の根を食べ、雨季に成長するときに草の根の大部分を排除することを発見しました。

シマウマの別のグループは、多くの妖精の輪が見つかるナミランド自然保護区で撮影されました。

円は数千です。

過去40年にわたって、この奇妙な現象を説明するためにいくつかの科学的仮説が提唱されてきました。

ミステリーサークル(偽物)とは異なり、ナミビアのものは「自然」です。

ミステリーサークルの下にあるものを見つけます。

あなたも好きかも:小麦の輪:何が下にありますか? セデリを読む媒体ナミビアの砂漠の平原には、「妖精の輪」として知られる何百もの円形の構造物があります。 それらは明らかな理由もなく数年後に現れたり消えたりします。 彼らが大きければ大きいほど、彼らは時間とともに生きます。 彼らは平均して24年生きますが、いくつかは75歳に達することさえあります。植生(草や茂み)がこれらの円の円周に沿っているため、それらは特に明白です。 しかし、それらの起源は何ですか?