Anonim

ミステリーサークル、またはミステリーサークルがイタリアに戻ってきました。5月5日土曜日から6日曜日の夜、ミラノとベルガモの州境にあるカッサーノダッダの麦畑に不思議な姿で現れました。 正確には、これらは実際には円ではなく、大きな「コンマ」や奇妙な形をした他の形であり、ファントム小麦アーティストが長年私たちに慣れていたものよりもはるかに幾何学的ではありません。


最初の円は決して忘れられない

はい、ミステリーサークルは2010年5月と2011年6月にカサノから遠くない2か国のマサテとバイアスノのいくつかのフィールドですでに目撃されていたためです。 当時、デザイナーは数十メートル、幅5メートルの巨大な円形図形を作成することを真剣に考えていましたが、著者のアイデンティティの謎は残っており、カッサーノダッダの場合でさえ、それを仮定するのは難しいようですミステリーサークルは、トラクターまたはその他の農業機械を使用して設計されています。コンマの輪郭は実際には非常に明確であり、現場では車輪の乗り物の出入りの兆候はありません。
したがって、私たちは、作物をパレットとして使用することを喜ぶエイリアンや未知の存在について考える必要がありますか? もちろんそうではありません。小麦で壮大なデザインを作成するには、ロープ、たくさんの創造性、そしてたくさんの友人があれば十分です。 それがどのように行われたか知りたいですか? このフォトギャラリーでは、世界で最も美しいミステリーサークルの画像も紹介しています。