Anonim

「グルテンフリー」製品は、そのように定義されるために、20 ppm未満のグルテンを含まなければなりません。 20 ppmは「20パーツパーミリオン」を意味し、1 kg(食物)の20 mg(グルテン)の濃度に相当します。 この閾値は、科学的研究を通じて特定され、セリアック病に適した食品を特定するために世界中の法律で採用されています。 「グルテンフリー」という言葉は任意です。企業またはレストラン経営者がグルテンの不存在を保証できる自由貿易およびケータリングの食品(グルテン<20 ppm)は、「グルテンフリー」と表示できます。 これは、成分の中にグルテンまたはグルテンを含む穀物が存在しないことだけでなく、生産プロセス全体の潜在的な汚染源の不在も保証することを意味します。 そのため、自主的に決定する企業は、この制限を保証し、この要件に責任を負わなければならないことを知っています。

「セリアック病用に特別に処方された無グルテン」または「グルテンに不耐性の人用に特別に処方された無グルテン」の表示は、NHSを通じてセリアック病に利用できるグルテンフリー食品の国家登録に含まれる製品に必須となります。

また、「トレースを含めることができますか?」

「…の痕跡を含む可能性がある」は、偶発的な汚染によるグルテンの存在の可能性を示すために企業が使用する自発的な声明ですが、法律がこの主張を規制していないことを強調することが重要です。 法律は、実際、成分として存在する場合にのみグルテンを報告する義務を規定していますが、偶発的な汚染による潜在的なグルテンの存在を宣言することは必須ではありません。

そして「グルテンを使用する施設の製品」?

AICは、「グルテンを使用する植物で生産された」または「植物で小麦粉などを使用できる」などのフレーズの使用を承認していません。この表現は、会社を病気の可能性のあるケースから保護するために挿入されていますアレルギー患者によるアレルゲン汚染製品の摂取により生じる。 実際には、それは重要ではありません。生産工場にアレルゲンが存在するだけでは、最終製品にアレルゲンのいずれかが偶発的に存在するリスクを必ずしも意味しません。 このタイプの言い回しは、実際の消費者情報を提供するものではなく、特定の食物アレルギーまたは不耐性に苦しむ人々のために警戒心を引き起こし、食物アクセシビリティを低下させるだけです。

グルテンスペシャルに行く