Anonim
劇的なパラドックス

驚くべきことに、世界の幸福に関するランキングを読んで、最も幸福な国は、場合によっては、最も高い自殺率を有する国でさえある(最も顕著な例はデンマークの例です)。

なぜ? この明らかな矛盾をどのように説明しますか? ワーウィック大学(英国)、ニューヨークのハミルトン大学、サンフランシスコ連邦準備銀行の一部の研究者が昨年試みた。
説明。 これらは、人口の大多数が自分自身を幸せだと宣言する状況において、最も不満を抱く人々はより落胆し、放棄されたと感じているという仮説を立てています。

太陽が常に輝く国も幸せだと思いますか? 代わりに、すべてのメテオパスにかかわらず…世界で最も幸せな国の黄金の手のひらがデンマークにあり 、続いて表彰台に、ノルウェーとフィンランドが続き、4位にオランダが続きます。 これらは、国連が委託し、4月2日にコロンビア大学地球研究所(米国)が発行した幸福に関する最初のグローバルレポートである世界幸福レポートから出た最初のデータです。
インジケータ
国内総生産が国の富の主な指標である場合、住民の幸福は、生活の質に対する社会的および経済的政策の有効性を評価する上で不可欠な要素です。 このレポートは、世界のすべての国の住民のサンプルにほぼ同じ質問を扱った4つの異なる研究(ギャラップ世界世論調査、世界価値調査、欧州社会調査)のデータを分析します。 「この期間のあなたの人生のさまざまな側面を考慮して、あなたの全体的な満足度はどうですか?」
最初と最後
ランキングのトップに達した北ヨーロッパの国は、平均で7.6(1から10までの投票のスケールで)の評価を表しています。 最後の役職には、サハラ以南のアフリカのいくつかの国(トーゴ、ベナン、中央アフリカ共和国、シエラレオネ)が置かれ、彼らの生活に対する評価は3.4でした。 イタリアは28位で、ドイツの2段上にありますが、米国(11位)、フランス、イギリスを下回っています。

私たちは幸せになるために生まれていますか? 楽観主義を引き起こす要因は何ですか? スペシャルに行きます!

最初の分析は、特異順位に最も影響を与える経済的要因のようです。 しかし、経済的繁栄だけが問題の要素ではありません:政治的自由、強力な社会的つながり、腐敗の欠如は、ランキングの上位と下位の国間のギャップを決定する上で、富よりも重きを置く3つの要因です。 。

「収益の増加は必ずしも国の一般的な幸福を改善するとは限らない」と地球研究所所長のジェフリー・D・サックスは報告書で次のように書いている。「米国では、1960年以来、平均的な幸福度は基本的に変わらないままです»。

幸せの代価? 誰かがそれを計算すると思った…

一般に、幸福と生活の質の成長に伴い、世界の幸福も成長しました。過去30年間で、世界は0.14倍幸せになりました(ただし、すべての国で改善はありません)。

個人レベルでは、決定的な要因は、メンタルヘルス(およびそれを維持するための適切な健康保証)、身体的、良好な家族の絆、および安全な職場です。 世界的には、仕事の不足や解雇は、悲しみや離婚などの痛みを引き起こします。 同僚との良好な関係と仕事の安全性は、高い給与と有利な勤務シフトよりも労働者の満足度に影響を与えます。

安定した家族と永続的な結婚は、親と子の両方が感じる幸福に影響します。 より先進国では、女性は男性よりも幸せですが、貧しい国では、地位はより均質です。 幸福の針は、中年になると最低レベルに達します。

カップルの幸せ? それは数学の方程式です

報告書の起草者によると、満足のいくレベルの幸福を達成することは、各州の政策の指針の一つであるべきです。 誰かがすでに課題に取り組んでいます:ヒマラヤチェーンに位置するアジアの小さな山岳国家であるブータンが使用している開発と生活水準の指標は、GDPではなく国内総幸福(GNH)です。 アジア全体で最も低い年収の1人当たり年間所得は、この国が成長を評価するためのパラメータではなく、仏教の原則に基づいたより公正な経済に基づいており、環境と-少なくとも意図の宣言において-良好なガバナンス。 また、世界の他の国々にも広がる可能性のある勇気ある転換期:国連は数年間、この州をより持続可能な開発モデルと見なしてきました。