Anonim

とりわけ子供のために戦っています。 AAMMI(全国不動産管理者協会)が12, 000人の従業員を対象に実施した調査では、回答者の72%が子供をめぐる論争がますます一般的になっていると述べています。 具体的には、騒音(54%)、共有スペースに残っている物体(23)、破壊行為(16)、および少年による事故(7)です。 42%のケースでは、紛争はマンション会議で議論され、32%で管理者による公式の連絡が必要です。

(アプライアンスを隣人と共有しますか?)

子どもと高齢者
しかし、それはすべて男の子のせいですか? 管理者によると、それどころか、子供の無礼は28%しかありませんが、けんかに対する責任は、「小さな害虫」の管理方法を知らない親の46%と、不寛容なマンションの42%に対するものです。特に高齢者が遊び場のゲームを妨害する機会を逃さない場合。
(米国で最も高価な家)
Image