Anonim

数時間のうちに、Mike "Mad" Hughesが再び立ち上がるようです(「スペース」という言葉は気にしません!)。 打ち上げは8月17日に予定されています。 彼はすでに2017年にそれを試して成功していましたが、その後、彼は572メートルまで自分を押し上げ、パラシュートからぶら下がって喜んで着陸しました。

今度は、ロケットを最大にして1, 500メートルまで引き上げる必要があります。 彼は友人のWaldo Stakesと一緒にそれを構築しました。彼は、NASAの宇宙船のいくつかの構造で軍用機の部品を組み立て、ヒューズが未来の境界に到達することを望んでいるSonic Wind Land Speed Record Vehicleに命を与えました。大気、それは約90-100キロメートルの高度です。

常に高い! この目標から非常に遠く離れていても、準備ができたら、風船で運ばれることで実現し、そこから落ちた後、大気空間の限界までエンジンをオンにします。 彼に300万ドル以上の費用がかかるプロジェクトであり、一部はヒューズ自身が利用でき、一部は募金活動のおかげです。

しかし、今ここで私たちはマイク・マッドに自信を与えてさらに前進しなければならない2番目の飛躍にあります。 実を言うと、打ち上げは8月12日に行われる予定でしたが、ワークグループがCraigslistから300ドル強で購入した「給湯器」の欠陥により延期されました。 ロケットは過酸化水素、または過酸化水素に作用し、加熱されて蒸気に変換され、ノズルから発射されてロケットを推進することを覚えておく必要があります。

ヒューズは、地球が平らであるという奇妙な考えの支持者です(彼の言ったとおり)が、今回は、前回とは異なり、この信念を証明することを目指していません。