Anonim

34の異なるコンテナでの個別の収集:この記録的なリサイクルは、エコロジーの幸せな島と考えられる日本の小さな町で行われます。 (アレッサンドロ・ボラ、2008年7月28日)

日本には、何も捨てられない島があります。むしろ、ゴミのない文明を実現するために、誰もが廃棄物を区別するために最大限の努力をしています。 上勝当局は、ごみを34種類に分けるための極端な差別化プログラムを開発しました。 自治体の収集センターには、あらゆる種類の廃棄物用の特定の容器があります。プラスチックからペットボトル、カミソリからペンまで、すべてを個別に廃棄する必要がありますが、生ごみは適切なビンに入れる前に切り刻む必要があります堆肥化。 自治体はいかなる種類のごみ収集も提供していません。住民はご自身のごみに対して全責任を負い、適切に洗浄および乾燥した後、独自にごみを収集センターに運びます。 このタイプの極端なリサイクルの批判者は不足していません。それによれば、カミカストの住民が収集センターに行くために消費したガソリンは、単純な廃棄物の焼却による温室効果ガスの節約を無効にします。