Anonim

アマゾンは、世界最大の熱帯雨林、その最長の川、そしておそらく人類がまだ理解するのが難しいと感じる地球の最大の部分を歓迎します

アマゾナスとロディの展覧会は、これらの野生の土地を通るマッズ・ニッセンの旅を説明しています。 ニッセンは次のように語っています。「アマゾンを体験したので、さまざまな年、さまざまな州、さまざまな状況で撮影した写真を自由に組み合わせることができました。 。

10月20日日曜日、午後5時、著者との展示のガイド付きツアー

写真では、ゾイラ・ジュヌマ・コベペテリという名前の先住民族ヤノマミ。 私たちはベネズエラのマラカのリオ・シアパにいます。

ニッセンは次のように語っています。«アマゾンに戻るたびに、森が私を包み込むまで、私を導く小さな道を探します。 人間がどのように自然を破壊しているのか考えないようにしています。 最終的には優位に立つことを認識しています。 私は植物が油汚れから発芽するのを見てきましたが、ゴキブリはプルトニウムを生き残ることができることを知っています。 これは私の心を落ち着かせます。」

ブラジル最大の金鉱山であるガリンポエルドラドドジュマの若い鉱夫。

ブレント・スタートンは、最も有名な自然写真ジャーナリストの一人です。 彼の作品は、National Geographic Magazine、Focus、Human Rights Watch、Newsweek、Time、The New York Times Magazine、The Sunday Times Magazine、Geo、CNN、およびその他多くの世界的に有名な雑誌に掲載されています。

著者との展覧会のガイド付きツアーは、サンクリストフォロの元教会で10月19日土曜日の午前11時30分に予定されています。 お見逃しなく。

2007年7月に撮影された写真では、マウンテンゴリラの死体がコンゴのヴィルンガ国立公園から取り上げられています。 その際、4匹のマウンテンゴリラが不思議なことに殺されました。

非常にまれなシロサイ。

象を殺して象牙から神聖なものを手に入れることについてのセンセーションを引き起こした調査は、ブレント・スタートンの2つのPOYi賞2013を獲得しました。

小さな女の子がテントに収容されている村の学校で先生のレッスンを聞いています。 ここでは、実際、建物が破壊されるのを見るのが苦痛で、建物を建てることはできません。

これと以下の写真は、欧州委員会(ECHO-人道援助および市民保護局)およびCOOPI-国際協力がパレスチナ領土で実施している「仕事のための現金」プロジェクトに基づくマルチメディアキャンペーンの一部です。占領された(ガザ地区および東エルサレムを含む西岸)。

介入は、彼らの状態と生活の質を改善するために、家族の長と最も脆弱なコミュニティを含む一時的な仕事の創出にあります。

Work for Hopeは、希望を築くプロジェクトです。

2つの小さなベドウィンの女の子がヤギの囲いで遊ぶ。 ベドウィンの家族は、家畜を放牧するために土地を借りますが、ここでは誰も建てることができません。 電気はなく、テントさえ違法です。

この「仕事のためのお金」プロジェクトを組織する欧州委員会の人道援助および市民保護局(ECHO)は、1992年に、世界中の人々に対する欧州の連帯の表現として設立されました。彼らは困っている。 20年の歴史の中で、140か国で140億ユーロ相当の紛争や災害の犠牲者に人道支援を提供してきました。 過去5年間で、ECHOの年間予算は平均10億ユーロを超えました。 2011年だけでも、この資金は80か国で最も弱い立場にある1億5, 000万人近くに達しました。 現在、ブリュッセルのECHO本社で働く300人以上、38か国にある44のオフィスで400人以上が働いています。

ベドウィンの女性、ウム・アフマドは、チーズを生産するテントに立ちます。 彼女の夫はCOOPIと協力して、かつて使用できなかった水源を回収しました。「私たちにとって、その水源はすべてです。私たちは、自分自身、動物、家と服をきれいにするために水を使います」。

COOPI-国際協力は、世界を改善するためにあらゆる形態の貧困と闘う、平凡な独立した人道主義組織です。 1965年にヴィンチェンツォバルビエーリによって設立されたCOOPIは、ミラノを拠点とし、南半球の23か国に拠点を置いています。 緊急事態(災害や紛争)の際に住民を支援し、コミュニティの市民的、経済的、社会的発展を促進するために介入します。

アフリカ、ラテンアメリカ、および中東に関与しており、地域の現実(市民社会、行政など)で210のプロジェクトを展開しています。 その介入分野は数多くあります。食料安全保障、水、社会経済サービス、人道支援、健康、教育、エネルギー、移民、ガバナンス、人権。

この組織は、権威ある機関、公的機関、財団、企業、市民によって支えられています。主要な投資家の中で、欧州委員会(人道援助と市民保護部門)は際立っています。

Fabio BucciarelliはこのレポートでWorld.Report Award 2013を受賞しました。

2012年秋にアレッポで行われた死の戦い。 いわゆる「アラブの泉」とリビア戦争をNATOの介入の前からカダフィの死まで文書化した後、写真家は近年の最も血なまぐさい紛争をカバーするためにシリアに行きました。 トルコから始まって、彼は国の北からシリアに入り、アレッポで2012年10月にアサドの軍隊と自由シリア軍のゲリラの間で最も血なまぐさい戦いが行われました。

10月19日土曜日、午後4時、著者との展覧会のガイド付きツアー。
コッレジオサンフランチェスコ-サンフランチェスコ経由、21。

写真では、シリアの女性が、北部都市アレッポのシャール地区でバシャール・アル・アサド大統領の軍隊による爆撃で負傷した後、避難している。

アレッポのスレメイン・ハラビ地区でシリア政府軍との衝突中に無料のシリア軍の戦闘機。

買い物袋を運んでいる年配の女性が、アレッポのバブ・エル・アディド地区で、シリア政府の狙撃砲火から地域を分離するために使用された長い黒い布の近くで通りを横断します。

キャリバー3は、グラブマガの規律と戦い、テロリストから身を守るための射撃、訓練を学ぶトレーニングセンターです。 クラスは、元IDFの役員であるイスラエル軍によって開催されます。

イスラエルで最も有名なこのセンターの作成者であるシャロンガリットは、西岸のいたる所に建設し、武器を保持する許可に簡単にアクセスできる警察官、民間警備員、および「入植者」を訓練します。

10月18日金曜日午後6時、著者との展示のガイド付きツアー。

エットレアルチンティ美術館-パヴィア通り、26。

写真では、ジムでのCrav Magaのレッスン。

写真では、M16サブマシンガンの使用に関する説明。

写真では、イスラエルの家族が攻撃位置の説明を聞いています。 バックグラウンドでターゲット。

リビア-オフ・ザ・ウォール展は、ジョヴァンニ・ディフィデンティの写真の中の物語です。 これは、2011年2月にアラブの春を記録するジャーナリズムの必要性に由来し、解放政府発足後数か月間、リビアの現実を完全に発見したいという願望を持ち続けています。 チェスヴィ、国連、さまざまな国際NGOと共同で実施される社会調査の仕事は、リビアの文化と景観に関する図像学的研究と組み合わされています。

10月17日(木)午後6時、作家との展覧会のガイド付きツアー?クラシックヴェリライセウム-サンフランチェスコ通り、11。

写真では、ミスラタでの解放とベンガジでの祈りの瞬間の後のトリポリ通り

トリポリのサバア10月地区でのサッカーの試合とズリタンの都市を征服するための戦い

ミスラタバードマーケットとベンガジパレスオブジャスティスでの倒れた写真。

10月17日木曜日、午後9時、ロディのカブールを経由して、ヴィーニュ劇場で、夜は倫理的な写真で最も熱心なEcho写真代理店と一緒に予定されています。

東のエブロス門。 移民に対する壁は、マウロ・プランデッリによる報告とともにサンドロ・イオヴィーネがキュレーションした展覧会です。
160 kmの長さの自然境界線である川は、ギリシャとトルコ、ヨーロッパとアジアを隔てています。 この川のほとりであるエブロス川は、2007年頃からヨーロッパへの移民の優先ルートの1つになり、2011年8月に最初の15 kmが運ばれた堀の建設が計画されました。費用がかかりすぎると考えられたこのプロジェクトは、有刺鉄線と金網の二重障壁に変更されました。
したがって、1日250人(ユーレックスのデータ)は、移民によって「エージェント」と呼ばれる人身売買業者の助けを借りて、通常の生活を求めてギリシャに入国することを証明しています。
著者との展覧会のガイド付きツアー、10月19日(土)午後2時
ハマグリ協会-Via Fascetti、34。
写真では、川を渡ったばかりの移民のグループが、オレスティアーダとアレクサンドルーポリスを結ぶ道路沿いのプランジオにいます。 誰が変わったのか、誰が寒いのか、誰が疲れているのか、何日も食べていないのか、誰もが命を危険にさらしています。 道路では、地域の住民は毎日、アテネへの道路を探して、混乱したグループを通過します。

ペトラでの旅行中に彼を守る信仰を信じて、何時間も歩くと疲れ果てた男が走ります。 エブロスから、アジア、中東、アフリカ、南アメリカの移民がヨーロッパに入ります。 ドミニカ共和国からソマリア、ソマリアからトルコ、ヨーロッパまで。

移住者は、人口70万人近くの都市であるアテネに到着し、そのうち10%以上が移民です。 3月30日、「クリーンアテネ」と呼ばれる警察の措置により、居住許可のないほぼ500人の移民が逮捕されました。

エブロス川の横断は、不法移民がヨーロッパに入るために横断しなければならない最初の障害に過ぎません。

ミラノの若い写真家アルベルティーナ・ドゥルソは、ナバ財団のためにヌエストロ・ペケニョス・エルマノスプロジェクトを作成しました。

NuestrosPequeñosHermanos™(NPH)の使命は、イタリア語で「私たちの小さな兄弟姉妹」を意味し、ニカラグア、ホンジュラス、エルサルバドル、グアテマラの孤児または放棄された子供たちに家と愛情を与えることです。家族。

男の子と女の子は愛情のある環境で育ちました。家を出ることを強制されたり、兄弟から引き離されたり、養子縁組のためにgivenめられたりすることは決してありません。

食料、衣料品、住居、医療、良い教育に加えて、子供の精神的および感情的なニーズは常に十分に養われており、成人期に備え、貧困のサイクルを打破するためのツールを提供していますかつて彼らの運命だったでしょう。

アルベルティーナ・ダルソはこれをすべて語った。

10月17日木曜日午後5:00に著者と一緒に展覧会のガイド付きツアー。

ホンジュラスのNPHの自宅で早朝。

ニカラグアのNPHホームスクール。

約3分の2が砂漠に覆われているマリは、かなり乾燥した風景が特徴です。 存在する唯一の水路はニジェールで、そのルートの大部分はサハラとサヘルの境界を示しています。

平均気温は非常に高く、約40度です。

冬の間、マリは暑い砂漠の風であるハルマタンに流されます。

最も不利な気象条件がこの国で見られると主張することができます。

乳児死亡率は11%であり、多くの場合、飲料水の不足による感染が原因です。

人間開発の指標に反映されている数字は、177州のうち174位にマリを配置しています。

このプロジェクトは、西アフリカの村、特にマリの水へのアクセスを発展させる非営利団体であるAlì2000 Onlusの支援のおかげで実現しました。

2000年以来、この協会はブルキナファソとの国境のバンディアガラ地域に約35の大口径井戸を建設しました。

この写真(および次の2つの写真、およびいずれの場合も展覧会のもの)は、私の芸術的な方向性の下でのプロジェクトの一部です。ニオンゴノ、ボリンバ、パー(ペイドゴン-マリ共和国)の村の子供たちが富士カメラで自分自身を描いていますInstax(ポラロイドタイプ)と小型の使い捨てカメラで環境を自由に撮影しています。

10月19日土曜日、午後3時、著者との展覧会のガイド付きツアー

MissiriTraorèはこの学生をマリのPais Dogonに連れて行きました。

マリのバオバブ。

ジョーンズ家、2人の親、7人の子供に関するリズヒンリーのルポルタージュは、オリジナルのスタイルの選択によって不快感を伝えることができたため、World Report Award 2013を受賞しました。

著者は家族生活の状況に焦点を合わせ、重要で必要かつ現在のトピックについて、「繊細」であると同時に強力に文書化された画像で、完全で詳細かつ親密な写真を提供します。

かなりの表現力と機能の強さは、注意深い魅力的な色彩の使用であり、誘発的で「微妙な」構成とともに、ルポルタージュの文体的な特徴になります。

10月19日土曜日、午後4時、著者との展覧会のガイド付きツアー。

コッレジオサンフランチェスコ-サンフランチェスコ経由、21。

ジョーンズ一家は、英国の工業都市ウルヴァーハンプトンの4部屋のアパートに住んでいます。 これは、家族が3世代にわたって生活できる最初の家です。 母と父はキャラバンで育ち、両親もそうでした。 家はこの家族にとって非常に貴重であり、多くの思い出を含んでいます。彼らにとっては小さすぎますが、彼らはより大きな空間への移動を拒否しています。

リズ・ヒンリーは、2010年から2012年までジョーンズ一族に続きました。

Portraits of a Landは、教育の旅とジャーナリスティックな研究の中間に位置するAround Galleryによって公開された写真プロジェクトであり、ニュースの普及における情報の世界によってときどき実装される単純化と図像の歪みについての考察を提案しています。

対象は、おそらく世界で最もホットな分野であるイスラエル国です。紛争を抱えた多民族の国であり、国内および国際的な論争の的となる政治力学の中心にあります。

ブックサインと本のプレゼンテーション、日曜日10月20日16.00。

ミロ・シャキーは1983年にミラノで生まれました。

Milo Sciakyは、観客に視覚的な旅を提供したいと考えました。

2011年3月11日の午後2時45分、これまでで最も激しい地震と津波の1つが日本と福島第一原子力発電所を襲い、安全と冷却システムに損害を与えました。 数日で、原子炉番号1、2、3の「コア」は、大量の放射性核種の大気および海洋への放出と融合し始めました。

日本政府は、福島第一原子力発電所の周りに直径20 kmの避難場所を作成しました。 4月20日以来、日本政府は、特にジャーナリストや写真家の誰もが立ち入り禁止区域に入ることを禁止しています。 しかし… … 2011年7月の最初の日から今日まで、Pierpaolo Mitticaは状況を文書化するために「No-Go Zone」に数回入りました。 展覧会は彼が見たものを伝えます。

10月18日金曜日午後5:00に、著者と一緒に展覧会のガイド付きツアー。

写真では、捨てられた動物を探している鶴田まこみ、2011年7月、日本、福島県の郷町小高

自分の持ち物を再開するために家に戻った住民。 2011年7月、福島県の行き先ゾーン、富岡

2011年7月、福島県の野辺地帯、双葉の立ち入り禁止区域で家族の墓を祈る松本氏

「フィーバー」は、著者であるパオロマルケッティが近年直面している広範な研究の最初の主要な章です。私たちの時代、怒りをますます特徴付けている原始的な感情を深めようとしています。

展示会は、10月20日日曜日の11.00に著者と共に訪問できます。

写真では、歴史的なイタリアのスキンヘッドグループのメンバー、ここハワイのパーティー、ハワイのシャツを着る必要がある毎年恒例のビーチパーティー(ラツィオ海岸)で。 2010年6月。

ナチスロックコンサート中の「フォルツァヌオーヴァ」派に属する若者たち。 ペルージャ、2010年1月。

イタリアの極端な右翼の歴史家のプライベートガレージ。 ここでは、寮の部屋で友人と一緒に自己防衛コースと戦闘技術が組織されています。 ローマ、2010年5月

ロビン・ハモンドによる展覧会「非難-危機にAfricanしているアフリカ諸国のメンタルヘルス」は、アフリカの精神障害を持つ人々の差別と放棄を詳しく述べています。

写真では、重度の精神障害を持つ男性と女性が何年もの間、ジュバ中央刑務所に閉じ込められて閉じ込められています。 南スーダンの新国家は、大きな問題に直面しています。それは、市民の世話ができる現代の国を建設することです。

多くのソマリア人は、家族の精神病患者を伝統的なキュレーターまたはコーランのキュレーターに連れて行きます。

この14歳は6年間拘束されていました。 彼の母親は、彼をわずか2キロ離れたグル病院に送ることを拒否します。

展覧会は、2つの別個の作品を統合した結果であり、フランコバサグリアの主な戦いが行われた土地であるトリエステが、いまだに狂気に慣れていることを示すことを目的としています。 人気のある格言が「すべてのバーはそれ自体が狂っている…」と言うのは偶然ではありません。 もちろん、この文は必ずしも本格的な精神疾患の根底にあるわけではありませんが、定義の境界を曖昧にすることにより、確立された行動規則からの逸脱を指す場合があります。

著者との展覧会のガイド付きツアー(10月20日日曜日、10.00)。

F.デレメーヌ芸術会議-Via San Giacomo、27。

写真の中で、自分のことを語るパオロの肖像:「私はトリエステに住んでいます。 私は一人で、やもめです。 このバーに来るのは、オーナーがとてもフレンドリーだからです。彼は私がどうであるか、私の健康状態を聞いてくれて、これが私をとても幸せにしてくれます… ""私を理解していないか、彼らが真剣に…そしてそれで私はほとんど一人でそれを管理します…私は私の非常に長い日を一人で過ごします… "

1985年以来、私は治療を受けています。 1979年9月19日に重大な自動車事故に遭いました…脛骨とfi骨の骨折が露出し、二重頭部損傷、2回の手術…アスファルトに頭をぶつけたとき、脳が壊れました…以前は大丈夫でした。 壊滅的な交通事故は私を台無しにしました…私はベスパ125の春に運ばれ、フィレンツェのシトロエンとヴェネツィア広場で衝突しました…すべてがその日に変わりました…

トリエステの桟橋でドナテラとガブリエレ。 遠くに古い使われていない港が見えます。

あなたも好きかも:アマゾンは、世界最大の熱帯雨林、その最長の川、そしておそらく人類がまだ理解に苦労している地球の最大の部分を歓迎します
アマゾナスとロディの展覧会は、これらの野生の土地を通るマッズ・ニッセンの旅を説明しています。 ニッセンは次のように語っています。「アマゾンを体験したので、異なる年、異なる州、異なる状況で撮影した写真を自由に組み合わせることができました。静的で断片的なものとしてではなく、流動的で一貫したものとして」 。
10月20日日曜日、午後5時、著者との展示のガイド付きツアー
写真では、ゾイラ・ジュヌマ・コベペテリという名前の先住民族ヤノマミ。 私たちはベネズエラのマラカのリオ・シアパにいます。