Anonim

1999年のある朝、タンザニアのマハレ山地での調査遠征中、ザンマは特に休息した。 日本の霊長類学者は、3人掛けのベッドで低反発マットレスを使用して寝ていませんでした。しかし、チンパンジーによって作られた小枝のベッドで、木の上で寝ていました。

夜はアドバイスをもたらします。 枝編み細工品と葉のバスケットは、通常のベッドではできない方法で、男性の体からすべての筋肉の緊張を取り除いていました。 眠れぬ夏の夜を過ごした後、研究者は、サル用の空中プラットフォームの人間バージョンを再現し、枝で穏やかに揺れることができました。 彼はそれを人類進化のベッドと呼び、400万年前に私たちの霊長類の祖先が木から降りる前に似たようなもので寝ていたという事実に言及しました。

眠り(眠らない)の日本の芸術 Image ザマのベッドは、京都大学博物館の睡眠展に展示されていました。 その上に、睡眠と社会の研究協会からのMめぐみがいます。 | 残馬浩一郎

少し不安定です。 マットレスの中央には、チンパンジーの巣の巣に似たくぼみがありますが、頭と脚の縁が高くなっています。 それは、最大の通気性のために、紙繊維のフレームによって支えられ、そして葉の自然な揺れを再現する、わずかに揺れる8本の脚によって支えられています。 研究者がいくつかの日本の布団デザイナーの助けを借りて、今、売りたいと思っている(人類の)ゆりかごへの一種の帰還。

珍しい形。 ただし、背が高い場合は、熱意を止めてください。ベッドの長さは1.6メートル、幅は1.2メートルです。必要に応じて揺れても、そこにとどまることはありません。 それにもかかわらず、霊長類は小さな天使のように自分自身で眠り、ほとんど動いていないようです。 日本などのように、1泊あたり数時間(平日は6時間22分)睡眠をとる国では、十分な休息がこれまで以上に重要です。