Anonim

セルジオ・ベラビスタの紅葉(セルジオ・ベラビスタ)

Focus 240で公開
空を見下ろし、自分を捨てて弱い春風から身を解放したいという願望。
自己紹介私は59歳で、数ヶ月前に再び撮影を始めました。 好きなテーマ:自然と私を取り巻くささいなこと。

レッドビーチバイチキュー(アリスチッコリーニ)

Focus 240で公開
サントリーニ島の写真は、レッドビーチで撮影されました。黒と赤の石のコントラストのあるレッドビーチは、キクラデス諸島の最も美しい島の一つである火山起源を思い出させてくれる場所です。 しかし、最も美しいのは、このショットのために、特定の技術的なデバイスを使用していないことです。

バビウッタ茶道(ファビオアバテ)

Focus 240で公開
この写真は、キャラバンのオアシスであり、古代の茶道を旅して、雲南(中国)からインドに移動し、馬に乗ってキャラバンが無数に渡った橋である古いYùjìnQuiaoを表す人々の重要な停留所であるShaxiで撮影されました。 2012年7月にミドルグラウンドでの新婚旅行中に撮影。

透明な斜めの透明な水(ラファエラアルノー)

Focus 240で公開
Lac Laramon、Vallède laClarèe、Brianconnais、フランス。 空、雲、山、湖…クリックして特定のパノラマの威厳を「抱きしめる」のは簡単ではありません。 感じた感情を伝えるのがさらに難しい! 私は成功しましたか? 短い焦点距離で水上で撮影しました。
ITSELF TELLS引退し、祖母、常に写真家であり、私はまだ興奮しています。 要素と色が少ない画像が好きです。 私は地球を愛し、それを守ります。

ディサンウェルの窓

Focus 240で公開
雨が降った後、私はこの井戸の窓を見つけました。さびた構造には、広範囲の色の反射が含まれていました。 窓の後ろに暗闇がありました。
自己紹介私はロシア出身の美術写真家であり、27歳で芸術家の出身です。 今、私は自分の情熱で生きようとしています。

f.bagnuoliのPioppivolissivolmente(Franco Bagnuoli)

Focus 240で公開
写真はポプラの木を示しており、2012年6月27日にSan Canzian d'Isonzo(Go)の自治体であるVilla Luisaエリアで撮影されました。 自然の迷路の中にいるような印象を受けました。
自己紹介私は53歳で、コルモンス(ゴー)で生まれました。 写真に対する私の愛は、その瞬間を捉えることに表れています。

ガイアニファビオの貝殻

Focus 240で公開
チェルヴィアのビーチで、ある朝、私は幸運にも美しい貝に出会えました。

イプノロスポのホースシューベンド(オマール・アルベルティ)

Focus 240で公開
写真は2011年9月にアメリカの道路で休暇中に撮影したものです。私のガールフレンドと私はサンフランシスコを出発し、オフロード車をレンタルしました。 旅は合計8000キロメートルに及ぶ17日間続きました。
自己紹介私はヴァレーゼ出身で、35歳です。私の情熱は旅行と写真です。 私は6年前に最初のデジタル一眼レフで「真剣に」写真を撮り始めました。

Marcophoto 82の荒れ果てた土地(Marco Pasqual)

Focus 240で公開
写真は昨年の冬、アイスランドで友達と撮った旅行中に撮ったものです。 色のコントラストが強いこれらの荒涼とした土地では、夢の中にあるように見えました。 写真は純粋な本能の結果であるため、いくつかの技術的なトリックを使用しました。
SELF TELL私は29歳で、ジェソロに住んでいます。 私は子供の頃から写真を撮るのが大好きでしたが、この趣味に情熱を持ち始めたのはほんの数年前です。

ハロン湾-Mark64pax雷雨(マルコペース)

Focus 240で公開
私たちはハロン湾で白塗りのサンパンを航海していましたが、雷雨が数時間続き、黒い空と水滴が平らなままの水にほとんど刺繍を作りました。
自己紹介私は趣味の写真家であり、48歳であり、写真と旅行の両方に情熱を傾けています。

オルソヨーグルトのオルサラの家(アントニオカプト)

Focus 240で公開
寒くて鉛色の年末の朝の光は、オルサラの家のシンプルな幾何学模様を微妙な色で照らします。 写真は2010年12月31日午前9時に撮影されました。

トロモのデスバレーでのレース

Focus 240で公開

franchino63(Franco Galatolo)からのすべて

Focus 240で公開
これは、水平方向に撮影された3つのショットの結合です。 Vetan(AO)の近くはファッレ山です。ヴァッレダオスタの最高峰ではありませんが、地域のほぼ中央に位置しているため、戦略的には興味深いので、頂上に到着します。彼は、ビアンコの鎖、グランパラディソ、ロサの鎖、セルヴィーノ山、その他多くの山々の素晴らしいパノラマを見ています。
SELF-TALES私は、手動、自動、デジタル写真の大ファンであるFranco Galatoloです。 1980年代から今日まで、彼女と彼女の進化に「成長」することができたのは幸運でした。 また、意図的に動かされた、またはフレームの強さの外側にあるわずかにぼやけたショットに感謝し、私は常に、彼が共有したい感情に関して各個人に対して異なる判断をします。

bico76のアフガニスタン

Dede24(デニースディプリマ)の青い塗装の青

撮影時、私はザンブローネの「パラディソデルサブ」と呼ばれるユニークな場所にいました。 素晴らしいパノラマと一緒に写真を撮る人がいなかったので、彼氏の助けを借りて自分の画像を使用することにしました。

SELF-TALES私は23歳です。自分自身をプロとは考えていませんが、写真には常に大きな情熱があります。 私はしばらくの間、インターネットで写真を公開してきましたが、この分野で成長する絶好の機会であることを非常に喜んで理解しました。

エフィルペラダイビング(ルイジカバシン)

ポルトチェザーレオはまだ午前中ですが、暑さが感じられます。 少年たちは何もせずに飛び込み、漁船に戻ります。 悲鳴と叫びの間で、私たち通行人の注意を引き付けます。 彼らを追いたいという強い願望がありますが、私は終わりのないように見えた写真の中でこのダイブのサイクルを止めることに満足しています。 彼らの年齢ののんきで次々と。

DISÉRACCONTA情熱による写真家。 マイケル・チミノの映画「Towards the Sun」には、「私の周りのどこにでも美がありますように」という写真撮影への欲求を高めるフレーズがあります。

これよりも軽い… by ema63(Emanuela Pasini)

私はいくつかの多肉植物を持っていますが、そのうちの1つは種の鞘を開けました。

エンツォファリンの星と海(エンツォ・ファリーナ)

私はポルトパロ・ディ・シチリアで休暇を過ごしていましたが、太陽と写真の日の後、ようやく夕日の黄金色の光がシーンに現れ、美しいマドンニーナを照明と影で照らし、色付けしました。 ものにボリュームと形を与えるので、私は放牧する光が大好きです

自己紹介私は38歳で、写真家として6年以内です。自然光とスタジオの両方でポートレートを好みます。最も特定の表現を把握できることは私の最大の満足です。 また、美しい光と、それが私たちを取り巻くすべてのものをどのように描くかを求めて行くのが好きです

gabry8000のヨセミテ(ガブリエレブリオスキ)

ヨセミテ公園を歩きながら、灰色のアメリカのリスという被写体を描きました。 穏やかにオークの枝に腰を下ろすと、彼の注意が私の注意を引きました。 写真では、被写体に350 mmズームで固定焦点を使用しました。

自己紹介私は32歳の少年で、ミラノの奥地に住んでいます。 私は、風景からその一部である存在まで、自然に関するすべてを撮影することが本当に好きです。 この夏、私はアメリカの公園を通って夢の旅をしました。

パーティーが最後にジャンニbによって休んだ後(ジャンニ・バラディ)

フェスタタモント(アルトアディジェ)の第5版でヴァルサンニコロで写真を撮りました。 写真は、草の上で休んでいる伝統的な衣装を着た少年を表しています。 私は、少年が休んでいる間に取った位置と、頭の上の帽子の位置が好きでした。 顔や体の細部を拾わずに横たわって全身を撮影することに特に基づいたショットでは、非常に特徴的で楽しいものでした。

SELF-TALES私はジャンニです。私はずっと前から写真と公開写真に常に情熱を傾けてきました。 私はモデナ県に住んでいて、南チロルの恋人です。

イアキmの王様(アレッサンドロ・イアキンタ)

写真は2012年8月にパッソサンペッレグリーノ(モエナ近く)で撮影されました。山の美食で最も希少で評価の高いキノコの1つであるポルチーノです)。 それを見つけて、私は小さな幸福を感じませんでした。 あまり知られていない側面でも自然の美しさを伝えるために、森の一部と一緒に写真を撮ることにしました。

ITSELF STORIES私はカンポガッリアーノ(MO) 住んでいます。 私は約2年間父から写真の情熱を受け継いでいます。自然写真、マクロ写真、スポーツ写真が好きです。

イレーネバルビエロのジャンプと笑顔(イレーネ・バルビエロ)

湖の近くのイタリアで撮影された、それは私にとって最も重要な人々の一人と一緒に私を描いている自画像です。 私はそれを見るとすぐに、私たちの絆がどれほど強いか、どれだけ多くのことを一緒にやったか、そして今後も続けるかを思い出します。

自己紹介私は19歳です。 写真に情熱を傾け、独学で学びましたが、学校で勉強できるようになりたいと思っています。

マディコンのカプリの青(マダレナインファンテ)

私はファラリオーニの隣のカプリ島にいました。 その海の青を捕まえる誘惑に抵抗することは不可能です。 夏の親友である水中カメラを使用しました! 写真の芸術が大好きなのは、ユニークな瞬間や詳細を撮影する機会を与えてくれるからです。

自己紹介私は21歳で、小児看護師になるために勉強しています。 情熱を高めるために写真コースを受講する予定です。

マダガスカルby nuny83

ポールグリゴラートの足が沈む泥水の中に自分自身を映すことができる空はありません(パオログリゴラート)

2010年にマレーシアで撮影しました。環境の感情と色のコントラストに感銘を受けました。 マレーシア文化の典型的な作業環境の1つである田んぼで、自然なイメージを伝えたいです。

自己物語私はヴェローナに住んでいます。写真、壮大な環境、民俗、用途、知らない国の宗教を撮影する旅が大好きです。

ステブレトレッチカワセミ(ステファノプレッティ)

カワセミ(Alcedo atthis)テントで3時間の暑さを待った後、ついに登場です! 残念ながら、前景の支部は私のショットを台無しにしましたが、その状況では私はこれ以上うまくできませんでした。 ポンテピア湖のペッツ村のラゴリ(テネシー州)で撮影。

SELF-TALESこんにちは、私は専門職のパティシエであり、余暇には自然写真家でもあるステファノです。

頭の獲物を待っている91(Emanuela Peroni)

Parco dell'Uccellina(GR)、2010年1月。海に通じる公園の小道に沿って、キツネは道端にいて、恐らく獲物を待っていました。 私はカメラをつかみ、彼女が逃げることを期待して車から飛び降りました。 しかし、彼女はそこにとどまりました。

トニーレオーネの風と共に去りぬ

このショットの共著者は、美しい8月のある日、不幸な水浴者のリラックスの瞬間を盛り上げた風です。

ITSELF TELL世界を言葉で表現するのは難しいので、写真を撮る:最高の話し方。

wkwの好奇心(クリスティアーノコスタンツォ)

私は新婚旅行でタイでこの写真を撮りました。 何も言わずに、何も聞かずに私たちの近くにいたかったこの子供の好奇心に驚きました。 私は彼が家と呼ぶ小屋の村を決して忘れません。

iFocus:7月のベストiFocus:6月のベストiFocus:2月のベストiFocus:セルジオベラビスタの紅葉(Sergio Bellavista)
Focus 240で公開
空を見下ろし、自分を捨てて弱い春風から身を解放したいという願望。
自己紹介私は59歳で、数ヶ月前に再び撮影を始めました。 好きなテーマ:自然と私を取り巻くささいなこと。