Anonim

時速500キロメートルで走行できる新しい「新幹線」は、日本の鉄道効率の確立された神話を高めるためのものです。 中日本旅客鉄道株式会社が製造した磁気浮上式新幹線(磁気浮上)は、数日前に乗客の42.8キロメートルのルートで初めてテストされました。

仕組み。 列車は、列車が動いているときにレールと線路の間に発生する磁場のおかげで、レールに触れることなく移動します。 列車とレールにある磁石の反対の極性は、列車を約10ミリメートル持ち上げるlift力を発生させます(電気力学的サスペンションと呼ばれる技術)。 レールとの摩擦がないため、非常に高速に達し、騒音や振動を回避し、汚染することなく、列車はリニア電気モーターで駆動され、エネルギー消費が抑えられます。

特権。 最初の乗客の旅は、上野原市とFu吹市(日本最大の本州の島)の間で行われました:約30万人から無作為に引き出された100人の幸運な旅行者が、502キロメートルに達するモニターで走行距離計を観察できました回。 テストは8日間続きました。

一瞬で。 2027年、列車が最終的に運転されると、東京品川から名古屋まで40分で行くことができます。現在は80が必要です。16人のコーチがおり、1000人の乗客を乗せることができる列車も速度記録を破ります時速320キロメートルで走行する現在の日本の新幹線の

最初のパッセンジャーレースのビデオを見る: