Anonim

月に電気を無料で生成し、地球上にマイクロ波の形で送信します。これは、ハイテク建設に特化した日本企業である清水建設の未来の提案です。
月帯
Rising Sunのエンジニアのアイデアは、長さ約11, 000 kmの月赤道全体を、太陽電池パネルのベルトであるルナリングで囲むことです。 生成されたエネルギーは、電磁波として地球に送られ、そこで特殊なシステムによって捕捉され、電気に変換されます。 計算によると、このサイズの太陽光発電所は、地球全体のエネルギー需要を満たすことができます。
機械への電力
しかし、最も技術的な側面は、ルナリングの建設に関するものであり、これは地球によって制御され、1日24時間働くことができるロボットのバッテリーに委ねられるべきです。さまざまな障害や誤動作。
ゼロキロメートルの原料
ただし、11, 000 kmのソーラーパネルを構築するには膨大な量の原材料が必要です。そのため、清水建設の技術者は、セメントやファイバーグラスの砂、岩、砂利など、月にすでに存在する資源を何よりも使用すると仮定しています。 建設に必要な水でさえ現場で生産することができ、 レゴリス 、地球から持ち込まれた水素で月面を覆う粒子状で酸素が豊富な物質を減らします。
ワイヤレス電流
完成したパネルベルトの幅は約400 kmです。 生成されたエネルギーは、ケーブルを介して、地球に面した月面に設置された大きな送信所に送られます。 ここでは、マイクロ波とレーザーパルスに変換され、直径20 kmの大きなアンテナによって地球に向かって「発射」されます。
地上の受信局は、この信号を収集し、それを電流に変換して既存のネットワークに配置するか、水素燃料の生成に使用する必要があります。水素燃料は、適切な予防措置を講じていても簡単に保存できるエネルギーの形態です。
サイエンスフィクションではありません
技術的な観点からみれば、清水建設のアイデアは未来に関してはほぼ完全に達成できました。NASA自身がWebサイトでその可能性と利点を強調して提示しました。
別の問題は、現在推定されていないが確かに天文学的なコストと法的側面です:月は誰ですか? 誰が太陽光発電システムを構築する権利を主張できますか? 1967年の宇宙条約によれば、個人でさえ個人は月から鉱物を抽出する権利を持っています。 ただし、それらが誰から抽出され、誰がそれらを使用できるかは明らかではありません。 このようなプロジェクトだけではありません。

興味があるかもしれません

コピー:(太陽)システムの衛星GO TO THE GALLERY(N写真)