Anonim

実際には、月面の約60%が地球から、したがって隠された顔の一部からも観測できます。 これは、月の自転と地球の周りの回転との間の同期における3種類の不規則性、「平衡」の現象によるものです。 まず、月の軸はわずかに傾いています。これにより、15日ごとに、最初に北極の一部、次に南月の一部を交互に見ることができます。 第二に、地球に最も近い地点で、月はもう少し速く移動し、側面の一部を垣間見ることができます。 第三に、地球の延長により月面の異なる領域が異なる観測ポイントから見られるようになり、月面の半分以上が全体的に見えるようになります。