Anonim

それは、私たちの遺産の中で最も有名なものではありませんでしたが、美しい絵でした。世紀。 2009年4月6日の地震で建物が破壊され、瓦canvasに浸されたキャンバスがひどく破損したとき、彼はラクイラのサンフランチェスコディパオラ教会にいました。 3世代にわたって芸術作品の修復に専念してきたアラメンゴ(アスティ)出身のニコラ一家は、キャンバスを注いだ状態を見て抵抗しませんでした。元の素晴らしさ。 クリーニング、輸送のための安全性、そして実際の修復(完全に破壊された絵画の一部の再構築によるゼロからの再構築)は、ピエモンテ研究所の技術者のチーム全員を9か月間占有しました。 このビデオの最も重要な段階で、さらに詳しくは、フォーカス数252(ニューススタンドで9月20日から)について、長くて骨の折れる作業が語られました。 ああ… ..作品はアブルッツォ、ラクイラにあり、大司教のキュリアに保管され、元の建物に移されるのを待っています。