Anonim

嫌われた塔。 フランスの作家、ギー・ド・モーパッサンは、エッフェル塔の下で昼食を食べていました…彼はそれをとても嫌っていたので、それを見る必要なく食べることができる唯一の場所でした。

それだけではありませんでした。タワーが1889年の万博に向けて設計されたとき、市民の抗議が勃発しました。 彼はまた、プロジェクトを禁止するよう請願書を提出しました。 そして、祝賀の20年以内に塔が解体されるという約束だけが、それを受け入れることを最も嫌がる人を納得させました。 その後、それがどのように終わったか知っています…

それは日本人を傷つけます。 パリ症候群は、パリを訪れた日本人観光客が、自分が思っていたロマンティックでシックな場所ではない(だけである)ことに気づいたときに影響するように見える心理障害です。

症状にはめまい、急速な心拍および失神が含まれます。 日本大使館には、旅行者が電話できるフリーダイヤル番号もあります。 毎年、それらの何人かは医者を連れて送還されなければなりません。 一部の心理学者によると、この症候群は、フランスの首都の理想的なビジョンと、今でも美しい発見の違いに起因する不快感から生まれました。

パリのカンガルー。 パリから約1時間、エマンセ市周辺の森では、1970年代に地元の動物園から逃げた結果、何十もの野生のカンガルーに出会えます。 専門家によると、カンガルーは新芽と葉のおかげで生き残り、8月に繁殖します。

それは最大のフランス語圏の都市ではありません。 パリは、世界最大のフランス語圏でも最も人口の多いフランス語圏でもありません。 この記録は、コンゴ民主共和国の首都キンシャサに送られます。キンシャサには、1, 010万人以上の住民がいます(パリでは220万人)。

パリのモットー。 パリには、ラテン語のモットーがあり、これは1358年から「フラクトゥアネクメルギトゥール」と呼ばれています。 翻訳:「波に衝撃を受けたが沈まない」。 つまり、都市は要素に抵抗し、生活の流れにもかかわらずバーをまっすぐに保つことに成功しています。

違法な復元者。 Les UX(都市実験)は、大都市を一周して古代の地下室や記念碑を復元する一連の秘密グループの集合体です。 警察には彼ら専用のユニットもあります。 UXは、1980年代初頭からパリの隠れたコーナーをより美しくすることを目的に活動しています。 彼らの活動には、パンテオンの記念碑的な時計の秘密の修復、トロカデロの下の古い中世の地下室に収容されたバーとレストランを備えた映画館の建設が含まれていました。

ルーブルだけではありません。 パリはルーヴル美術館で知られていますが、いくつかの非常に興味深い奇妙な博物館があります。そのうちの1つは偽物博物館です。毎日、1972年から今日まで収集。 在庫の約半分は誘nによるもので、残りの半分は寄付によるものです。

しかし、それだけではありません。パリは下水道システムを誇りに思っています。下水道博物館もあります。 (実際の)下水道トンネルにあります。

予測予測。 最も先見の明のある本の1つは、間違いなくジュールヴェルヌによる20世紀の小説パリです。 1863年に書かれたもので、地下鉄、高層ビル、フェミニズム、エアコン、テレビ、データ伝送ネットワークについて書かれています。 そして、ルーブル美術館は、本の出版から130年以上後の1989年に発足したピラミッドのように、入り口にガラス構造が描かれています。

おもてなし! パリには新しい魅力があり、観光客に高く評価されています:ジムヘインズ。 彼はパリの人で、毎週日曜日に最大60人の見知らぬ人を自分のアパートで夕食に招待しています。 あなたのウェブサイトから登録できます

ウェイト。 キログラムは、物理プロトタイプに基づいて定義されている唯一の測定単位です。世界で最も正確なキログラムは、1889年に製造され、国際事務局(BIPM)で保管されているプラ​​チナとイリジウムのシリンダーです。パリの近くのセーヴルで。

あなたも好きかもしれません:あなたがフランスについて知らない10のことを(おそらく)運転したくない7つの極端な通り世界で最も高価な都市自由の女神の建設嫌われた塔。 フランスの作家、ギー・ド・モーパッサンは、エッフェル塔の下で昼食を食べていました…彼はそれをとても嫌っていたので、それを見る必要なく食べることができる唯一の場所でした。
それだけではありませんでした。タワーが1889年の万博に向けて設計されたとき、市民の抗議が勃発しました。 彼はまた、プロジェクトを禁止するよう請願書を提出しました。 そして、祝賀の20年以内に塔が解体されるという約束だけが、それを受け入れることを最も嫌がる人を納得させました。 その後、それがどのように終わったか知っています…