Anonim

10人のイタリア人労働者のうち4人がかなりの労働ストレスにさらされていると主張しており、ヨーロッパで最も混乱していると分類しています。 原因は自然に非常に高いレベルの不安定性と失業にありますが、仕事を固定している人、絶え間ない緊張、迫り来るリズム、競争にもあります。 特に、10人中7人の場合、ストレスは仕事の取り決めと作業負荷の再編成によるものであり、5人中5人は、同僚や上司とのコラボレーションの欠如によるものであり、嫌がらせや暴徒につながる可能性があります。

DEVELOPMENTS。 データは、問題の評価と管理に関連する問題を扱うすべての専門分野に固有の心理学者の全国評議会によって実施された研究から明らかになります。 実際、リスクは、被験者がさらに深刻な不安障害を発症することであり、長期的には精神療法または薬理学的治療を強いることもあります。