Anonim

毎年600万人が喫煙により早死しています。 また、2030年までに、回避可能な世界最大の死亡原因であるたばこによる死亡は800万人に達すると予想されています。 これらは、世界保健機関とアメリカ国立癌研究所が発表したばかりの喫煙とその経済(600ページ以上)に関する新しい印象的なレポートのデータの一部です。

アカウントを行う。 この大規模な研究では、健康被害のよく知られている側面だけでなく、とりわけ経済的コストも調査、要約、調査しています。 そして、この観点から、喫煙は健康への有害性は高いものの、たばこへの税金から得られる収入とたばこ産業が提供する仕事を通じて得られる収益を通じて、さまざまな国の経済にとって重要な要因であるという説が取り壊されています。 。 まったく逆に、タバコ製品の税金は約2, 700億ドルと見積もられていますが、喫煙とその副作用に関連する費用は、喫煙に関連する病気の治療の間で世界経済に1兆ドル以上かかります同じ理由で生産性が低下します。 したがって、経済的側面だけを冷笑的に考えても利点はありません。

貧しい経済に害はありません。 今日、喫煙者は世界で約10億人です。そのほとんどは発展途上国に住んでいます。 たばこ業界は、喫煙対策が貧困層に対するものであると主張しています。 「圧倒的な証拠は正反対です」と報告書の著者の中で、世界保健機関のジェレミア・ポールは述べた。 技術革新により、とりわけ、ほとんどの国でタバコに依存する労働者の数は減少しています。 報告書は、ほぼすべての国で、たばこ産業に関連する損失は他の雇用の増加によって相殺されるため、国家たばこ規制政策は雇用に影響を与えないか、正味の正の政策をとると推定しています部門。

多くの癌の原因の中で。 がんによる死亡の5人に1人は喫煙に直接起因している可能性があります。肺がんに加えて、タバコが主な原因因子であるため、国際がん研究機関は15種類のがんのサブタイプを特定しています。喫煙は既知の危険因子です。

受動喫煙は依然として大きな問題です。ほとんどの国では、直接喫煙していなくても、人口の15〜50%が受動喫煙にさらされています(この原因による死亡は年間60万人と推定されています)。

若い人たちと一緒に。 イタリアでは、Higher Institute of Healthの喫煙に関する最新のレポートによると、喫煙者は1, 150万人-人口の20%以上-男性約27%、女性17人です。 大多数は20歳になる前に喫煙を開始し、統計によると学生のタバコ使用者の数は急激に増加しています。