Anonim

いいえ。したがって、持ち帰りたいという強い誘惑にもかかわらず、それを本当に避けるべきです。 むしろ報酬に集中する方が良い。 法律(民法927-931条)によれば、「お金」から「傘」までの「携帯」物を見つけた人は誰でもそれを所有者に返還する必要があります。

また読む:お金について書くことは合法ですか?

手順。 自分が誰なのかわからない場合は、発見した場所の市長(または彼の代表者)にそれを渡して、発見の状況を説明しなければなりません。 市長は、市の掲示板に、連続する2つの日曜日に、毎回3日間、通知を発行します。 所有者を提示せずに1年後、オブジェクトはそれを見つけた人に属します。 ただし、所有者が主張する場合、後者は道徳的だけでなく、それを見つけた人に(しかし後者がそれを要求した場合にのみ)10分の1(または20分の1)該当するアイテムの合計額または価格が5.17ユーロを超える場合。 商業的価値がない場合、賞は裁判官によって設定されます。

また読む:エレベーターでレポートを作成することは合法ですか?

罰された愚か者。 ブリーフケースを使って賢く逃げるには、多大な費用がかかります。 刑法第647条によると、金銭を流用した人や他人に失ったものは、負傷者からの苦情により、最高1年または30から300ユーロの罰金で処罰されます。 所有者が知られている場合、ペナルティは2倍になります。最大2年間の懲役。