Anonim

COP21は、気候変動のリスクと、それを緩和し、その結果に直面するために何をする必要があるかを認める文書で締めくくられました。 道路を示し(排出量を削減し)、発展途上国と弱い経済に資金と技術サポートを提供します:以下は、国際的な科学者の熱いコメントです。パリだけでなく、厳格なルールのシステムの欠如について不満を言う。

Corinne LeQuéré、イーストアングリア大学、Tyndall気候変動研究センター-「合意の最終テキストは、気候変動に取り組むための科学コミュニティの必須事項を認識しています。 そのための3つの重要な要素は、何らかの形をとっています。加熱を2度以下に保ち、実際に化石燃料を放棄し、それに対応するために5年ごとに各国のコミットメントを確認する挑戦の。 各国が約束した排出削減はまだ完全に不十分ですが、全体としての合意は企業、投資家、市民に強いメッセージを送ります。新しいエネルギーはクリーンで、化石燃料は過去のものです。 私たちはそれを実現するために多くの作業を前もって行っています。」

パリ協定の長期目標に関するポツダム気候影響研究所のジョン・シェルンフーバー-«共有され、実行された場合、それは数十年以内に温室効果ガスの排出を排除することを意味します。 これは、極端な気象現象や海面上昇などのリスクを制限するために何をすべきかについて示した科学的証拠と一致しています。 地球の気候を安定させるには、2030年までにCO2排出量を削減し、2050年以降にできるだけ早くクリアする必要があります。バイオエネルギーや炭素の回収と貯蔵、植林などの技術は、それを補うために重要です排出量-しかし、CO2を削減することが不可欠です。」

オックスフォード大学マイルズアレン-「今世紀後半に目標を達成するということは、実質的に二酸化炭素の純排出量をゼロにすることを意味します。 政府はそれほど強く述べていないにもかかわらず、これを理解しているようです。 2度未満にとどまる可能性を十分に得るためには、1.5度を目指す必要があり、2度の目標はほとんど「安全」ではないことを認識することは理にかなっています。 全体として、良い結果です。」

ストックホルム・レジリエンス・センター、ヨハン・ロックストローム-「この合意は、1.5-2°Cの安全な動作範囲内で世界を変革するためのターニングポイントです。 パリは出発点です。 現在、持続可能な開発を実施し、2050年までに脱炭素化を達成するには、科学と一致した政治的行動が必要です。」

ダイアナリバーマン、環境研究所(アリゾナ大学)-「パリ協定は、人為的気候変動に伴うリスクを削減する重要な一歩ですが、確実に排除するものではありません。 私たちはまだ直面しなければならない非常に深刻な結果に直面しています。 排出量を削減するための現在の国家的コミットメントであるINDCは、2度以上になります。 この合意は、これらのコミットメントを2018年まで見直すことができないことを意味し、当面はさらに多くの化石燃料を燃やし、地球温暖化を増大させるでしょう。

「これにより、適応のための資金調達と、気候変動による被害への対処がさらに緊急になります。 協定にはすべてが記載されていますが、開発途上国に約束された年間1, 000億ドルの大半が、特に最も脆弱な国にどのように費やされ、割り当てられているのかは示されていません気候変動の結果。 これはすべて、特に国のコミットメントを超えて、排出量を削減するための企業および個人の努力が重要であることを意味します。

「IPCCでは、産業革命以前のレベルと世界的な排出傾向に関する1.5°Cの影響に関する特別報告書が2018年に必要です。 科学界はすぐに取り組む必要があります:世界に対する1.5度の影響、特に降水量のパターン、および経済と地域の主要なセクターに対する気候変動の影響について、理解するべきことがまだたくさんありますより脆弱です。 そして、私たちは、惑星がどのように温度のピークを乗り越えて回復することができるかを研究し始めなければなりません。

「パリ協定は、政府が人権、健康への権利、先住民、地域社会、移民、子供、障害者などの人々を尊重、促進、保証する義務を強調しています。脆弱性、開発と男女共同参画の権利、世代間の公平性。 権利とグループのこの認識は、 気候正義に関心のある多くの人々にとってささやかな勝利であるが、緩和と適応の政策、損失と損害、財政と技術移転が影響を与えるように、行動に変換する必要があるだろう願わくば人権に利益をもたらすことを願っています。」

Joeri Rogelj、IIASA-「第4条の新しいテキストは、科学用語で以前のものよりも明確です。 ピークとグローバル排出量の削減に関するベンチマークは、1.5および2°Cの目標に沿っていることを強調することが重要です。 まだやるべきことがたくさんありますが、合意が望ましい目標につながるプロセスを開始するのを見るのは勇気づけられます。

「すべての気候変動対策はここ数十年で非常に遅れており、今日でも排出量は増加し続けています。 加熱を1.5°Cに制限することは、今後10年間の介入を計画できない場合には達成できない目標です。

«大気から二酸化炭素を吸収できる技術は、この目標を達成するために不可欠になります。 世紀末までに加熱を1.5°Cに制限するために必要な「ゼロエミッション」を達成するための技術は、代わりに不確実です。 したがって、気候にプラスの影響を与える開発を奨励することは理にかなっています。

«加熱を1.5°Cに制限する目的で、短期的に計画する必要があります。 技術が長期的に効果的であることが証明されない場合、2度未満にとどまる唯一の解決策は、直ちに排出量を削減することです。

CICEROのSteffen Kallbekken-「パリ会議の最大の成功は、180か国以上が国の気候政策目標を提示したことです。 ただし、政策決定者、企業、投資家に初めて低炭素社会への移行を開始するよう求める明確なシグナルを送るため、これは歴史的な合意です。

「しかし、現在のコミットメントは2.7〜3.7度の温度上昇をもたらすと推定されています。 気候変動を制限するには、より大きな努力が必要です。 すべての国が5年ごとに気候政策の最新情報を提示します。新しい目標を提示するたびに、これは以前の目標よりも野心的でなければならないことを強調することが重要です。

「パリ協定は、温度上昇を産業革命前のレベルよりも2℃に制限することを目指しており、「1.5℃に上昇を制限する努力を続けています」 これは、2度以下の温暖化レベルでも気候変動の影響に対する懸念の高まりを反映しています。 野心的な目標は気温ですが、同様に野心的な緩和目標は伴いません。

«協定は、各国が排出ピークをできるだけ早く削減し、その瞬間から排出ピークを削減し、世紀後半に排出と吸収システムのバランスを取ることを目指すべきであると規定しています。

「これは、排出削減のレベルとタイミングに関する明確なシグナルを送信せず、進捗を測定するための有用な基準を提供しません。 科学と矛盾することはありませんが、利用可能な最高の科学を反映していません。 IPCCは、加熱を2度に制限する機会を得るために、2050年までに排出量を2010年と比較して40〜70%削減する必要があると結論付けました。1.5度の目標を達成するには、 2050年までに70〜95%のオーダーで、より重要になります。」