Anonim

そして、いつの日か私たちの社会の経済的生活を構成するほとんどの商品にお金を払う必要がなくなったらどうでしょうか? 要するに、未来は…無料だったのですか?

エコノミストのジェレミー・リフキンはこの質問を自問し、彼の最新の著書「限界費用社会ゼロ 」で(肯定的に)答えを出した。ネットワークを介して互いに接続し、(クリーンな)エネルギー、商品、サービスを生成および共有し、仮想教室で学習することができます。 すべて無料で。 それが、共有経済を支持する資本主義経済の(ほぼ)終isである。

Image |

ユートピア? 夢想家として解雇されないために、リフキンは、将来の彼のビジョンが実際に強固な基盤の上にどのようにあるかを示す例で本を満たしました。 彼によると、資本主義の社会的かつ協調的な経済への転換はすでに進行中であり、それを見ないように盲目でなければならない。 「25年前なら-彼が書いている-私は、四半世紀以内に、人類の3分の1が数億人の個人で構成される大規模なグローバルネットワークに依存し、オーディオ、ビデオ、テキストを交換すると言った、そして世界の知識のセットに携帯電話からアクセスでき、各人が新しいアイデアを公開し、製品を提示し、同時に10億人に考えを伝えることができ、この操作のコストは次のようになるゼロでは、信じられない思いで頭を振ったでしょう。 今日、これはすべて現実です」。

しかし、実際的には、リフキンが正しかった場合、これは私たちにとって何を意味するのでしょうか? そこにたどり着くまでに数世代かかる場合でも、少なくとも4つの良いニュースです。

1.エネルギー。 リフキンによると、25年と、家庭や工場の暖房、電子機器の操作、自動車の動力に使用されるほとんどのエネルギーはほとんど無料です。うまく。 エコノミストによると、世界にはすでに「数百万人の開拓者がおり、自宅を再生可能エネルギーをオンサイトで収集できるマイクロ発電所に変えています」と書いています。 ゼロに近いコストで。

Image ジェレミー・リフキン:彼の最新の著書「限界費用ゼロの社会」では、資本主義を偉大にしたパラドックスについて述べていますが、現在は未来を脅かしています:多くの商品とサービスは実質的に無料で豊富になっています。 | アンドレアス・ペイン/ライフ/コントラスト

2. 3D印刷。 今日、3Dプリンティングに焦点を合わせた何百もの新興企業があります。 彼らは、これまでよりも大幅に低いコストで製品を製造しています。 そして、近年の3Dプリンティングの大きな一歩を考えると、リフキンは楽観的です。«これらのプリンターは、すでにジュエリー、航空機部品、人工装具などの製造に使用されています。 そして、趣味として、オブジェクト全体またはその一部を自分で製造したい人がアクセスできる安価なプリンターがあります。

3.学校。 今日、私たちは自宅から名門大学でオンラインでレッスンやコースをフォローできます。 将来、この種の可能性は拡大する可能性があります。 そして、予想よりずっと早く。 「もし私が言うなら-リフキンを書きます-世界中の高等教育レベルにアクセスできない学生は、突然、地球上で最も著名な学者の教訓をたどり、正式に認識されるのを見ることができます。あなたのコミットメントはすべて無料ですか?

4.モノのインターネット。 リフキンによると、モノのインターネットのインテリジェントインフラストラクチャはこの革命の根幹にあります。車、家、輸送手段がネットワークを通じて話され、「10年以内に-エコノミスト-アメリカとヨーロッパのすべての建物、世界の他の国々にもスマートメーターが装備されます」。 経済学者によれば、とりわけ、この連続したデータの流れを処理し、エネルギー効率と生産性を向上させることができます。

共有経済。 とりわけリフキンは、所持へのアクセスを好む人々、いわゆるシェアリング・エコノミーの数を指数関数的に増やすことが運命にあると確信しています。 すでに今日、情報、車の通路、アイデア、アパートのベッドを共有している場合、10年後にはそれなしではそれ以上のことはできません。 「そして何億人もの人々が経済活動の大部分を分かち合いに移すと、彼らは経済史の流れを変える運命にある。」