Anonim

証拠が十分でない場合、世界経済フォーラムはまた、イタリアはまだ男性と女性の平等には程遠いことを教えてくれます。 2012年末に公表されたジェンダーギャップに関する最新のレポートでは、イタリアは分析対象の135か国のうち80位にランクインしました。 ウルグアイ、ボツワナ、ペルー、キプロスを過ぎ、ハンガリー、ギリシャ、パラグアイ、メキシコの直前です。 2011年と比較すると、スコアは0.6796から0.6729になって6つのポジションに落ちたため、状況は改善していません。 このスコアは、0から1の範囲の値で計算されます。0は視差を表し、1は同等を表します。 基本的に半分空のガラス。

[詳細:なぜ世界女性の日は3月8日に祝われるのですか? ]
教育と健康においてのみ平等な機会
この評価では、経済、政治、教育、および平均余命の分野で推定されるいくつかのデータを考慮します。 女性の経済生活への参加に関しては、女性の失業、賃金水準、管理職へのアクセス、女性所有企業の数に関する統計に基づいて、イタリアは101位に値します。 第二の側面である政治的側面は、女性に割り当てられた議会の議席の割合、女性が保持する閣僚の数、女性が政府の長であった可能性のある年数を考慮して評価されます。 この基準に関しては、71位になりますが、スコアは0に非常に近いです。唯一の快適なデータは、教育と平均寿命、つまり1に近いスコアに達する領域に関するものです。
興味があるかもしれません:
このようにリタ・レヴィ・モンタルチーニは若い研究者に話を聞いた
取引なし:私たちは男性です
スリムな女性はもっと稼げますか?
脳はマチスモを止める