Anonim

「進化の過程で、動物界の光に対する感受性が初めて発達した可能性があるかなり正確な時間間隔があります。約6億年前です。」これは大学のデイビッド・プラチェツキが言うことですカリフォルニア州サンタバーバラ(Ucsb)、ヒドラ、サンゴ、クラゲ、イソギンチャクが属する腔腸動物のクラス(より適切には「門」)の水生動物に関する研究の著者。 この研究により、海綿動物などのより遠い起源を誇る他の水生動物には存在しない光感受性遺伝子オプシンをヒドラで発見することができ、年代測定の精度は、その前駆体が知られているという事実の結果ですヒドラは実際に約6億年前にitしました。 この研究の共著者であるトッド・オークリーは、この発見の別の重要な側面をこう説明しています。「新しい進化的特性を引き起こす特定の突然変異を文書化することはまれです。 この変異により、オプシン遺伝子はまったく新しい方法で異なるタンパク質と相互作用することが可能になり、時間が経つにつれて、このプロセスは遺伝子の視覚機械に変換されました。 オークリーによると、この発見は反進化論者の理論とも公然と矛盾している。反進化論者にとっては、突然変異は形質の排除にしかならず、新しい特徴を生み出さない。 ヒドラは捕食者であり、研究者はそれが獲物を見つけるために光感受性を使用したと信じています。 (写真©David Plachetzki / Ucsb:ヒドラのオプシン遺伝子である青色。この腔腸動物では、オプシンは全身に分布しています。「目」はありませんが、光に対して遺伝的に敏感です。)