Anonim

バイオリンの音に似た、長く甲高い「口hist」で彼のパートナーに求愛します。 しかし、くちばしを開くことなく。 おいしいマナチーノ(Machaeropterus deliciosus)は、コオロギが使用しているのと非常によく似たテクニックで、これらの鋸歯状の摩擦を特別な「ギザギザの」羽で「歌います」。

イサカ(ニューヨーク)のコーネル大学脊椎動物の鳥類学者のチームは、2005年にエクアドルの森に住む鳥の撮影に成功し 、その奇妙な行動を記録しました。
4年後、同じ研究者が実験室でマナチーノの羽毛を調べ、その「物理的」機能を綿密に研究しました。
実験により、羽毛の羽は記録周波数1500ヘルツで振動し、他の羽の「滑らかな」羽が「特別な」羽の響板として機能するコンサーティーノを完成させることが確認されました。 これが仕事中のマナチーノのビデオです。
ビデオ©Cornell Lab of Ornithology
写真:©Michael Woodruff